ENG JPN

Ceremony主催イベント『iconostasis 4』開催決定

『iconostasis』の第4回目が12/14に下北沢THREEにて開催。

 

 

東京拠点にするバンドCeremonyが主催するイベント『iconostasis』の第4回目が下北沢THREEにて開催決定。出演はCeremonyの他にTAWINGSWOOMANNAOYA TAKAKUWA、DJにRIKUというラインナップ。

 

 

<info>

 

 

Ceremony presents “iconostasis 4”

日程:2018年12月14日(金)

会場:下北沢THREE

出演:TAWINGS、WOOMAN、NAOYA TAKAKUWA、CEREMONY、RIKU (DJ)

時間:open, start 18:00 / close 22:30

料金:予約 ¥2,000 / 当日 ¥2,500(共にドリンク代別)

問合:下北沢THREE(03-5486-8804) http://www.toos.co.jp/3/3_info.html

ご予約は各出演者または会場まで、お名前と枚数をお伝えください。

 

 

WOOMAN
Jesse Ruinsと活動時期を共にしたThe Beautyのメンバーで再構成されたバンド。退廃的な美意識を堅持しつつ、圧倒的に身体性を持った叫び声とローファイなギターサウンドがこだまする異形のニューウェーブ。アルバムを控える中、11/28にはKiliKiliVillaより7インチ「Still Inside」が先行でシングルカット。新旧問わずインディ・ファンは注目のはず。

 

TAWINGS
多方面から注目著しい東京の3人組。硬派だがユーモラスなポストパンクはUKのShoppingを彷彿とさせる。また、サイケなガレージロック感もあり誰も寄せ付けないポップセンスを爆発させている。アルバム製作中とのこと。

 

Naoya Takakuwa
かつてBatman Winksとして活動。ゆるやかなグルーヴが心地良いサイケデリック・ポップを夢心地のジャパニーズ・イングリッシュで歌う。7月にデビューLP「Prologue」をリリースしているが、Can、Suicide、Piero Piccioni、Lou Reed、Chet Baker、Serge Gainsbourgに影響を受けて制作され、また、「自身の夢をモチーフにした、サウンドトラック的ニューウェイヴ」であるという。傑作。

 

Ceremony
2017年結成。2018年夏にbandcampでEP「Consolation」をリリース。様々な形での表現を通してそれぞれが自己を更新しつづけたいと考えている。現在東京で活動中。

 

Riku
1997年生まれ。ブラックミュージックをルーツに持ちディスコ・パーティを主催しているが、ジャンルを横断するエネルギッシュで愉快なプレイが注目されている。クラブシーンで光る新しい世代の一人。今回のイベントではオープンとクローズを受け持つ。

 

 

 

 

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2019/05/18

Hirakish interview

来日公演直前。LAのミステリアスアクトへ10の質問。
 more

2019/05/09

Koeosaeme interview

コエオサエメとオバニケシ。
 more

2019/05/07

Astma interview

彼女はチェーンソーの音を「山の叫び」と表現した。
 more