ENG JPN

『C層ゲーム 死にたガール』開催決定

ラインナップはPhew、工藤冬里、脳BRAIN、DJ SOYBEANS、1-DRINK。10/29にbonoboにて開催。

 

 

DJ SoybeansからTwitterのDMで突然送られてきたイベント情報。なんのこっちゃと思い、見てみるとそこには、、

 

 

<以下、info>

 

2018.10.29.MON

 

『C層ゲーム 死にたガール』
at bonobo
OPEN/START:19:00-
ENTRANCE:2500yen(with 1drink)

 

78年からパンクバンドAunt Sallyで活動をスタート後国内外の様々なミュージシャンとコラーボレーションをする、2013年からは電子音楽ソロユニットとして活動し
2018年2月にリリースされたVoice Hardcoreでは一線で活躍するプレイヤー、DJからの絶賛を受け9月にはThe RaincoatsのAna da Silvaとのコラボレーションアルバム”ISLAND”もリリースされる。
世界各国でプレイする傍ら、日本の重要なベニューでジャンル・シーンを超え精力的にプレイするPhew、bonoboでのライブは初。

 

70年代より活動を始め大村礼子とのNOISE、80年代より工藤冬里を中心とした不定形ユニットマヘルシャラルハシュバズを始める。マヘルシャラルハシュバズではパステルズのレーベル、ジオグラフィックの1stリリースもされる。
Bonoboでは灰野 敬二とのセッションも記憶に新しい、陶芸家としての顔も持つ工藤冬里

 

2人のライブに加えDJでは
最新東京のエッジの一つでもありアイデアの代名詞とも言える石黒景太ことDJ 1-DRINK、真のアヴァンギャルド、ピュアすぎるほどにリスナーに音を届ける脳BRAIN、ピュアエクスタシーミュージックの探求を続けるDJ SOYBEANSが囲む。
70年台から今尚1秒ごとにアップデートを続ける二人のリビングレジェンドが初めての共演を東京アンダーグラウンドクラブシーンを引率する月曜日のbar bonoboにてプレイする。2018年の見逃せない(見逃したら夢に出てくるほどの)月曜日になるだろう。

 

Phew

1978年にパンクバンドAunt Sallyで活動をスタート。バンド解散後はソロとして、国内外の数々のミュージシャンとコラボレーションを行なう。現在は、2013年からはじめた電子音楽のソロユニットとパンクバンドMOSTを中心に活動している。2017年にはアナログ盤「Light Sleep」、2018年2月には、声のみで制作されたアルバム「Voice Hardcore」が、アメリカ、ヨーロッパで発売された。

 

工藤冬里

数年前ジャパンシンドロームというか日本週間みたいなのに呼ばれて高嶺格だったか避難所のインスタレーションの会場で「わたしの体は日本のようだ」というのをやったけれどもデュッセルドルフでロマの抱きつき掏摸に遭い8万くらい盗られた。

 

脳BRAIN

東京都在住。78年生まれ。10代後半から現代音楽、実験音楽の音盤収集と同時にカセットMTRにて宅録を始める。1stCD-R『Cock Sucking Freaks』2ndカセット『L.S.D BREAKS』をロスアプソンにて販売中。幡ヶ谷フォレストリミット『K/A/T/O MASSACRE 』『ideala』を中心にDJを行なう。

 

DJ SOYBEANS

白髪のトラックメイカー/DJ。最近やっとDJがまともに出来る様になったとの情報をキャッチ。Isn’t It?主宰、FUCK MASTA FUCK、CHANGSIEと共にBe StupidなパーティーAural Excitersを、YELLOWUHURUと共に未知への好奇心を探るパーティーNuevosを全国各地のローカル・ナイスDJを呼び開催している。

 

1-DRINK

様々なエレクトロニック・ミュージックを彷徨いながらDJ活動している。

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2019/11/05

Malibu interview

鳥の群れ、海に降るチェロの豪雨
 more

2019/11/04

「Local X6 World Lotic – halloween nuts –」photo

10月26日、WWW Xで撮影
 more

2019/10/24

「Hot 10 artists from Russia and Ukraine」

ロシア・ウクライナ新世代10組を紹介
 more