ENG JPN

Xamdが、架空のオープンワールドゲームを下敷きにしたOST的アルバム『青狗』を発表

MVも公開

 

 

S亜TOHのkyazmと共にエレクトロユニット「phai」としても活動するトラックメイカーXamdが、2月3日に〈Ajam guild Z〉よりリリースするソロアルバム『青狗』から先行で「青狗 Wolf」「疾駆 Speed」「制圧 Control」「統語 Syntax」の4曲を配信。

 

アルバム『青狗』は古代中華王朝風近未来ディストピア社会を生きる一人の人間の半生というフィクションがテーマとなっているとのこと。さらに収録曲から〈SPEED〉で映像を手がけるVideographer/DJのMt.Choriが監督を務めた「制圧」、玉名ラーメンの映像やヴィジュアル全て手掛けるHana Watanabeが監督を務めた「揺籠」、2本のMVが公開されている。

 

 

 

今作は『Gohst of Tsushima』など、自由度の高い世界を舞台とするゲームデザイン「オープンワールドゲーム」からインスピレーションを得て制作されているとのこと。ベースミュージック方法論を用いながら、トランスの多幸感、恐怖にも近いIDM的緊張感、そして壮大なアンビエントのサウンドスケープが複雑に交錯している作品に仕上がった。

 

 

Xamd – 青狗

Label : Ajam guild Z

Release : 2021.02.03

Format : Digital

“青狗 Pre.” Stream : https://friendship.lnk.to/AoinuPre

“青狗” Stream : https://friendship.lnk.to/Aoinu

 

Tracklist

1. 青狗 Wolf

2.疾駆 Speed

3.制圧 Control

4.統語 Syntax

5.高原 Plateau

6.揺籠 Cradle

7.激突 Face

8.星屑 Stardust

9.歴史 History

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/02/24

Yung Kiss interview

『Z-POP』 – 生活のリアリティと音楽 – more

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more