韓国でクィアとして生きること|belaがデビューアルバム『Noise and Cries 굉음과 울음』発表

デス・パンソリ・エレクトロニック

 

 

Subtext20周年記念の一環として、SubtextとUnsoundの共同リリースによる、belaのデビューアルバム『Noise and Cries 굉음과 울음』が発表。アルバムからファーストシングル「The Sage」がリリース。オーストラリアのLukasFeigelfeldが手掛けたビデオも公開予定。

 

『Noise and Cries 굉음과 울음』の構想を練り始めた頃、belaはソウルを拠点にしていた。社会から取り残された人々を受け入れるのが遅い社会に揉まれ、belaと親しい友人たちは「死」という概念に固執するようになった。当時を振り返り「泣きたかったし、死にたかった」と回想する。「韓国で生きることの不安定さは、様々なものを突きつける。belaは希望を失うことを拒み、自分たちのアイデンティティを形成してきた音、経験、感情を発明し、それがどのように韓国の異なる音楽表現を形成するかを考えた。belaは、10代の頃に西洋文化に接し始めたときに耳にしたデスメタルやインダストリアルミュージック、国家的イベントの背景で鳴り響く特異な民族リズム、それらは慰めを与えてくれた、喚起的で陶酔的なドローン、そして現代のクィア・クラブ・ミュージックを定義するようになった、頭でっかちでサイバネティックなマキシマリズムについて考えた。

 

もしこれが死についてのアルバムになるのであれば、belaは喪失感に捉われず、生きる意志を取り戻したいという深い願望に根ざしたものにできないものかと考えていた。

 

 

『Noise and Cries 굉음과 울음』は、belaが初めて自分たちの声を録音したもので、彼らは瞬間ごとに声を変容させ、不安定な弱さを受け入れている。オープニングの「The Sage」は、韓国のパンソリの伝統から生まれた2つの有名なアリア、Jungtaryeongを引用している。咆哮するフレーズは、Eotmori jangdanをベースにした擦れるようなリズムと対照的。韓国語の言葉遊びは完全には理解できなくても、ムードは翻訳されている。「Deathwill I」では、クィアな子供と両親の傷ついた関係を、この世とあの世を行き来する幽霊のようなランダムな呼びかけで再構築し、「풀이」(プリ、巻き戻しの意)では、雲の上まで手を伸ばし、天使のようなうめき声を上げながら、地上の平原の苦しみに自分たちを縛り付けている痛々しい結び目を解きほぐしていく。「나락(narak、穴の意)」では、belaの新しい故郷であるベルリンの影をはっきりと感じ取ることができる。この曲はまだソウルにいたときに書いたもので、アルバムのために最初に準備した曲であり、belaはこの曲を韓国社会の欺瞞に立ち向かう暴動ソングだと考えている。誰かが表面的にイメージする、のんびりと平和で階級主義的な資本主義は、見た目以上に脅威的であり、belaは快楽主義に溺れ、周囲の混乱を無視しているヨーロッパの裕福なクラブ観光客との類似点を描いている。彼らは、その空気のようなビートを、より伝統的なリズムであるofhwimoriとdongsalpuri,の要素で分割し、これらの要素を、narak(仏教の世界観における無限の深淵)の現実を解体する言葉のアンカーとして使用する。belaにとって、この場所や絶望の状態はあまりにも身近なものであるため、虚空に向かって叫び、社会的保守主義が蔓延する中、韓国の若い労働者階級に寄せられる非現実的な期待を浮き彫りにする。このような多様な要素を織り交ぜることで、このアルバムは死だけでなく、再生についても驚くほど複雑な絵を描き出している。

 

『Noise and Cries 굉음과 울음』は、韓国の文化的進化を冷徹に検証したもので、そのコンセプトとは裏腹に、圧倒的にポジティヴな内容となっている。belaは、クィアな韓国人にどのような人生がもたらされるのか、この国の伝統が、反動的な門番から解放されたときに、洞察力や自己発見のための道具となり得るのかについて空想している。belaは二項対立の間を行き来し、高尚な文化と低俗な文化、古代の思想と現代の思想、騒々しさと静かさ、調和と不穏さを合金化し、答えと同じくらい多くの疑問を残す。

 

“私ではない、私たちだ”。

 

 

bela – Noise and Cries 굉음과 울음

Label : Subtext Recordings & Unsound

Format : vinyl + digital

Release date : April 12th, 2024

https://6314.bandcamp.com/album/noise-and-cries

 

Tracklist

1. The Sage

2. Deathwill

3. 죽음이 두려울 때까지

4. 풀이

5. Confluence Loop

6. 나락

7. Noise and Cries

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/04/12

「森、道、市場 2024」にてAVYSSプレゼンツ「AVYSS Pack」が開催

5月25日 MORI.MICHI.DISCO.STAGE (遊園地エリア) more

2024/04/08

私達と友人の為の超解放安全空間を目指して|SUBCULTURE interview

レイヴ好き少年2人による幻想成長物語
 more

2024/04/02

『Epoch』を巡るPhoto Dialogue|松永拓馬 interview

自宅、機材、本、母校、シークレットレイヴ
 more