ENG JPN

Nene Hが3つの都市に敬意を表す最新EP『Trifecta』を発表

イスタンブール、ベルリン、コペンハーゲン

 

 

トルコ出身のNene Hは、ベルリンに移住してからの9年間で、街のアイデンティティを進化させる力強い存在となり、歴史的に見過ごされてきたシーンにおいて、SWANA(南・西アジアと北アフリカ)、ムスリム、クィア、女性の表現のための道を切り開いてきた。

 

その超越的セットは、彼女が育ったアゼルバイジャンとトルコのサウンドを基礎に、シュトゥットガルトの国立音楽院で磨いたクラシックピアノの才能をフィルターを通した。テクノ、トルコ・ドイツ・ヒップホップ、そしてゲットーハウスなど、それらが理にかなった構造を見せる。Nene Hのサウンドがいかに多彩であっても、彼女の動機は揺るぎない。クラブカルチャーの中で疎外されたコミュニティを向上させるという妥協のないコミットメントは、彼女の努力の一つ一つが積まれた結果である。2022年に彼女たちがイスタンブールで設立したコレクティブ〈Sirän〉は、イスタンブールのQTBIPOCコミュニティを中心としたパーティやワークショップを主催し、シーンを育成するための継続的な取り組みを行っている。

 

「Ring the Sirän」はイスタンブールに敬意を表し、イスタンブールのシーンを盛り上げ、コミュニティに還元できるような何かに参加するために彼女が全てを捧げる情熱的なプロジェクト。「Fukken Lie」は、Nik Mantillaが作詞と作曲を担当し、ベルリンのために書いた作品。この作品は、彼女が活動するシーンの非常にユーモラスな現実であり、時にシンプルであると同時に、コミュニティの助けを借りて、彼女自身を表現し、彼女の個性をありのままに形作ることができるものである。「Hold Ud, Skat!」は、Nene Hの中の迷子を受け入れ、彼女にインスピレーションを与えた街、コペンハーゲンのシーンに敬意を表するものである。どこかで受け入れられている、所属していると感じることは、彼女が求めずとも感じていたこと。彼女はそこのコミュニティからも多くのことを学んできた。

 

 

Nene H – Trifecta

Label : Live From Earth Klub

Release date : December 9 2022

Stream : https://fanlink.to/Fukken_Lie

 

Tracklist

1. Ring the Sirän

2. Fukken Lie

3. Hold Ud, Skat!

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/12/02

Evanora:Unlimited in Tokyo – Interview

変わり続ける無形のコンセプト more

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more