ENG JPN

レプリゼンテーションについて|Lucinda Chuaが新曲「Golden」のMVを公開

自分の外側にいる自分を認める

 

 

シンガーソングライター、プロデューサー、マルチ奏者であるLucinda Chua。アイデンティティとレプリゼンテーション*について歌い、自らプロデュースを手がけた楽曲「Golden」を、Tash Tung監督との共同制作によるショートフィルムと共に公開。

 

*レプリゼンテーションは直訳すると「表現」や「代表」という意味がある。近年使われている意味は、さまざまなシーンにおいて多様性が適切に表現されているかということを意味する。

 

若き日の自分の視点から書かれた「Golden」は、お手本となる存在がいない状況下での、自らのアイデンティティについて深く考察する、親密かつ心温まる1曲となっている。「あなたに似ていないとき、私は誰に頼ればいいの?」Lucinda Chuaは静かに、不確かな声で宇宙に向かってそっと囁く。「陽の光にさらされた私は金色に輝くの。」美しいコーラスが加わり、彼らの声が重なり合うと、曲は光り輝くアンセムへと昇華し、若き日のチュアに呼びかける。「初めてであること、初めてであること」歌い、Lucinda Chuaが奏でる高揚感あふれるストリングスのアレンジが全体をより一層引き立てる。

 

映画監督、コラボレーター、そして親友のTash Tung監督(2019年『Semitones』)と組み、2人はこの楽曲のための切ないショートフィルムを共同制作した。美しい映画のような物語性のあるショートフィルムは、Lucinda Chuaと、9歳の子役俳優Coco Bridgerが、幼いLucinda Chua役の「Yian Yian」として共演している。制作にあたっては、イギリスを代表する東アジア・東南アジアのクリエイター達がチームを組み、エグゼクティブ・クリエイティブ・プロデューサーのTiger Hagino Reid、プロデューサーのCheruto Wang、セット・デザイナーのErin Tse、ムーブメント・ディレクターのDuane Nasis、写真家のMilo Van Giapが名を連ねている。

 

Tash Tungや、東アジア・東南アジアの人材が大半を占めるキャストやクルーと一緒に仕事をしたことは、私のプロとしての人生で初めて、自分がマイノリティでなくなった瞬間でした」。 Lucinda Chuaはこう続ける。「レプリゼンテーションとは、ダイバーシティー(多様性)だけでなく、自分の外側にいる自分を認めることであり、自分の夢や欲望を応援することでもあります。この作品を発表することで、若き日の自分が誇りに思ってくれることを願っています。」

 

 

Lucinda Chua – Golden

Label : 4AD

Release date : 19 October 2022

Stream : https://lucindachua.ffm.to/golden

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2022/12/02

Evanora:Unlimited in Tokyo – Interview

変わり続ける無形のコンセプト more

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more