ENG JPN

MP3違法コピー時代を経て|Elite Gymnasticsがデビューアルバムをリリース

10年を経て更新されたポップネス

 

 

おかえりなさい。ミネアポリスを拠点に2009年から2012年まで活動していたElite Gymnasticsは昨年9年ぶりに復活し、ライブパフォーマンスを敢行。そして、10年の時を経てデビューアルバム『snow flakes 2022』がBandcampにて正式にリリースされた。ビジュアルや映像を手掛けていたJosh Clancyが脱退し、現在Default Gendersとしても活動するJaime Brooksを中心に、Viri Charが参加したデュオ編成になっている。

 

mp3ファイル違法コピーのワイルドウエスト時代、10sインディブログ時代、Tumblrをベースに、Elite Gymnasticsは多数のEPをフリーダウンロードでリリース。ジャングル、シューゲイズ、ゲーム、様々な音楽のサンプルを融合させたElite Gymnasticsの音楽は10年代にしか存在しないものだった。フェイ・ウォンが歌う『ファイナルファンタジーVIII』の主題歌「Eyes On Me」をサンプリングした「Is This On Me?」がインターネット上で大きな話題を集め、2011年にはSALEMやPure Xの作品を世に送り出してきたレジェンド・レーベル〈Acéphale〉からフリーダウンロードで発表した2作品をパッケージした『RUIN』をフィジカルリリース、Pitchforkなど多数の音楽メディアで高い評価を得た。

 

反復と改革と更新、壁と向き合い続けたJaime Brooksが昨年約束したように、本作『snow flakes 2022』はElite Gymnasticsの過去曲を作り直したものが中心となっている。「Minneapolis Belongs To You」は 「it’s yours」へ、「So Close To Paradise」は 「How could you do it?」へ、「Omamori」は「omamori piano fantasy」へ。著作権キラーカットアップは抑えられ、そのポップネスはむしろこの時代に適合し更新された。20年代を生きるハイパーなシン・Elite Gymnasticsが誕生。

 

 

Elite Gymnastics – snow flakes 2022

Release date : 18 October 2022

Bandcamp : https://magicalpessimism.bandcamp.com/album/snow-flakes-2022

 

Tracklist

1. (i always cry at) regenerations [ft. conrad tao]

2. it’s yours!

3. how could you do it?

4. tutti in bagno

5. the little things

6. indistinguishable (interlude)

7. bomb emoji xo

8. here, in heaven [ft. conrad tao]

9. snow flakes

10. life trap

11. omamori piano fantasy [ft. conrad tao]

12. chloe 4-ever [ft. chloe hotline]

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/12/02

Evanora:Unlimited in Tokyo – Interview

変わり続ける無形のコンセプト more

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more