ENG JPN

黒人・有色人種・マイノリティの為のレーベルとして再始動したBig Dadaがリリース第1弾発表

Yaya Bey新作EP

 

 

ニューヨーク出身、現在はワシントンを拠点に活動するのシンガーソングライター/マルチアーティストとして活躍するYaya Bey(ヤヤ・ベイ)。

 

ダニー・ハサウェイのような温かい魂を持ち、アリス・スミス、メアリー・J・ブライジのような力強さを持った彼女が、Pitchfork、 FADER、Afropunk、Noisey、その他多数の海外メディアから高く評価され、注目を集めるきっかけとなった前作『Madison Tapes』に続く最新EP『The Things I Can’t Take With Me』を〈Big Dada〉から4月9日にリリースすることを発表し、新曲「fxck it then」をMVと共に公開した。

 

今回のリリースは黒人・有色人種・マイノリティによって運営される、黒人・有色人種・マイノリティのアーティストのためのレーベルとしてリスタートした〈Big Dada〉にとって、再始動後第一弾リリースとなっている。

 

 

 

浮遊するトラックの上でYaya Beyが歌い上げる「fxck it then」は、自分の輝きを再発見するための肯定的な賛歌として制作された。また、モーガン・B・パウエルが監督したMVがノスタルジックな8ミリフィルムで撮影されており、新進気鋭のスタイリスト、アレクシア・ブラウンによるスタイリングとYaya Bey自身のポラロイド写真も楽しむことができる。

 

今回のEPは、Yaya Bey自身が黒人女性として、女性らしさと愛について私的な探求を行なっており、深い傷の引き金となった大きな別れを経て、幼少期のトラウマが再燃していく様子が描かれている。現在制作中というアルバムのレコーディング前にまとまったもので、アルバム前のセラピー的な役割を果たしたという。アルバムで行う共同作業とは異なり、『The Things I Can’t Take With Me』は孤独な中で作られた、内省的な作品となっている。

 

最新EP『The Things I Can’t Take With Me』は4月9日からデジタルと数量限定のカセットテープにてリリースされる。

 

 

 

Yaya Bey – The Things I Can’t Take With Me

Label : Big Dada

Release date : 2021/04/09

Pre-order https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11733

 

Tracklist

01. the root of a thing

02. september 13th

03. we’ll skate soon

04. you up?

05. fxck it then

06. industry love / a protection spell

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE