ENG JPN

Red Bullが『RASEN』に続きロック版マイクリレー『MATENRO』を始動|ロゴをGUCCIMAZEが制作

キュレーターはCrystal LakeのYD

 

 

Red Bullが日本のヒップホップシーンにフォーカスした新企画『RASEN』は、毎回異なるコンセプトでラッパーとビートメイカーを選出、その場限りのサイファーを収録する。第一弾ではLEX、SANTAWORLDVIEW、荘子it、Taeyoung Boy、ビートはKM。第二弾ではDaichi Yamamoto、釈迦坊主、dodo、Tohji、ビートはVaVa。第三弾ではweek dudus、BBY NABE、vividboooy、Fuji Taito、Kvi Baba、ビートはLil’Yukichiが担当した。

 

今回、Red Bullが『RASEN』のロック版とも言える『MATENRO』を公開。Crystal LakeのYDをキュレーターに迎えて、向達郎(kamomekamome)、Kadeem(Loathe)、Sota(Graupel)、Ryoma(Fill The Void)の4名が参加。天井から吊るされたマイクをボーカリストが交互に手に取るが、『RASEN』よりも楽曲的な展開を意識されている。演奏陣には、ギターにDaisuke(Paledusk)、ベースはBitoku(Sailing Before The Wind)、そしてドラムをEiji(Ken Yokoyama)。ロゴをGUCCIMAZEが手がけている。

 

ボーカリスト4名のインタビューも公開された。

https://www.redbull.com/jp-ja/projects/matenro-interviews

 

 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more

2020/12/21

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.2

2020年印象に残った5作品
 more