ENG JPN

Mikey Young率いるTotal Controlが京都〈外〉でSuburban Musïk、odd eyesと共演

12月1日開催

 

 

オーストラリアのインディバンドのプロデュースを一手に引き受けていると言っても過言ではないMikey Young率いるメルボルンの至宝 Total Controlの来日ツアーが11月30日からスタート。空間現代が運営するライブハウス京都〈外〉での公演ではSuburban Musïk、odd eyesと共演する。

 

Terry、UV Race、Contour、Lower Plenty、Lace Curtainなど、無数にあるメンバーによる別プロジェクトの中心に居座るTotal Controlは2011年のデビューアルバム『Henge Beat』から注目を浴び、翌年リリースのEP『Total Control』から溢れ出るストレンジなうねりを持った楽曲でインディ / ポストパンクという枠を超えて多くのファンを獲得。その後も、2014年『Typical System』、2017年『Laughing At The System』と、決して作品数は多くはないが一作一作のインパクトは大きい。

 

また、11/30の初日は小岩BUSHBASHにて、KLONNS、Ms.Machine、My Society Pissed、Phew、SANOA、Yousuke Fuyama x Naoki Nomoto、Strip Jointらと共演することが決定している。

 

 

2019年12月1日(日)

会場:京都外

開場 18:00 開演 18:30

予約 2,500円 当日 3,000円

*学生証提示で予約・当日ともに2,000円

 

TOTAL CONTROL

Suburban Musïk

odd eyes

 

公演詳細:http://soto-kyoto.jp/event/191201/

 

category:NEWS

tags: / /

RELATED

FEATURE