ENG JPN

Howie Lee主宰〈Do Hits〉のテイクオーバーが4年ぶり新作『天地不仁 / Tiān Dì Bù Rén 』を提げ開催

11月15日開催

 

 

ここ数年アジアンエレクトロニック・シーンを常にリードしてきた中国の異能Howie Lee。2016年12月「K/A/T/O MASSACRE」100回目に出演した際のDJが未だに脳裏に焼き付いている人も多いはず。今回、Howie Leeが主宰のコレクティブ〈Do Hits〉のテイクオーバーが4年ぶりのフル・アルバム「天地不仁 / Tiān Dì Bù Rén 」を提げ、LAの〈Alpha Pup〉からデビューのネオ・ソウル・シンガー/プロデューサーYEHAIYAHANとブランド〈SCV〉を立ち上げたヴィジュアル・デザイナーVeeeky、ローカルからはDoveやGOODMOODGOKUといったシンガーやラッパーのプロデューサーでもある注目のLe Makeupと荒井優作を迎え、WWWβにて開催。

 

本年春に行われたWWWとSTUDIO VOICEとのアジアの音楽をフィーチャーしたコラボレーション・イベント『STUDIO VOICE × WWW presents “Flood of Sounds from Asia”』の来日も記憶に新しい、「Made in China」なるユニークな美学を掲げ、アジアのエレクトロニック・ミュージック・シーンをリードするプロデューサー/DJ Howie Lee。2011年に設立したコレクティヴ/レーベル〈Do Hits〉は、アジアでも特に先鋭的なマインドのクルーへと発展し、レーベルメイトのJason Hou、Yllis、Guzzなどの一連のリリースは成功を納め、キュレーターとして、またパートナーのヴィジュアル・デザイナーVeeekyとの映像作品など、目覚ましい活躍を見せている。今回のテイクオーバーでは2015年にLAの〈Alpha Pup〉からリリースしたデビュー・アルバム『Mù Chè Shān Chū』を発表して以来、4年ぶりのセカンド・アルバムとなる『Tiān Dì Bù Rén』をフィーチャー。最新作は道教の教祖である老子の著した『道徳経』の慣用句に由来し、リリース・レーベルの〈Do Hits〉のプレス・リリースでは「『Mù Chè Shān Chū』が若々しい活力と理想主義だったとすれば、『Tiān Dì Bù Rén』は目の覚めるような成熟だ。無関心な天を見つめ返している」と説明が添えられている。アルバムは全部で13曲を収録しており、Howie Leeのサウンドの特徴でもある、伝統的な中国の楽器と実験的なサウンドスケープのミックスによって、「“人間の意志”と“人間の破壊”を反映している」という。またアルバムは、古代と現代、中国と世界を融合させた新しい音楽言語として成立しており、さらにその内容について、「資本主義者の貪欲さと環境破壊の相互作用、人間の道徳と科学倫理の対立、グローバルなムーヴメントとローカルの圧力との間の緊張。Howieの歌は弁証法での会話であり、対立する立場、感情、リアクションの統合である。『Tiān Dì Bù Rén』は、中国における偏狭なナショナリズムとポピュリストの怒りに取り組んでおり、Howieは自身の故国と広い世界の両方を冷静に観察し、“天下(tiānxià)”として分析をしている」と〈Do Hits〉は解説している。

 

本テイクオーバーの共演にはLAビート・シーンの中核を担ってきた老舗〈Alpha Pup〉からデビューを果たした上海のネオ・ソウル・シンガー/プロデューサーYEHAIYAHAN、〈Do Hits〉のアートワークやビデオを手がけ、自らのブランド〈SCV〉も立ち上げた台北拠点のヴィジュアル・デザイナーVeeeky、ローカルからはDOVEやGOODMOODGOKUといったシンガーやラッパーのプロデューサーでもある注目の2人Le Makeupと荒井優作を迎え、ヒップホップ、R&B、LAビート、UKベース、アンビエント等を経由し、中国や日本独自の環境から生まれる新世代のエレクトロニック・ミュージックの躍動を体感して欲しい。

 

 

Do Hits Tokyo Takeover

2019/11/15 fri at WWWβ

OPEN / START 24:30

ADV ¥1,500@RA | DOOR ¥2,000 | U23 ¥1,000

 

Howie Lee [Beijing]

YEHAIYAHAN [Shanghai]

Veeeky [Taipei]

Le Makeup [Pure Voyage]

Yusaku Arai

※You must be 20 or over with Photo ID to enter.

 

【詳細リンク】https://www-shibuya.jp/schedule/011859.php

【前売リンク】https://www.residentadvisor.net/events/1340955

 

 

Howie Lee [Do Hits / Beijing]

“中国のクラブ・シーンの最前線にある作曲家” – Dazed

カタカタとした打楽器、水面を跳ねるようなリズム、フィールド・レコーディング、中国の伝統的なサウンドをエレクトリックに紡ぎだし、”Made in China”なるユニークな美学で、Howie Leeはエレクトロニック・ミュージックの先駆者として注目され、現代のミッド・キングダム”中国”に根ざすだけでなく、密接に相互接続されたグローバルな潮流の中、ハイブリッドなクラブ・サウンドを創り出している。2014年にUKのテイスト・メーカー〈Trapdoor Records〉からデビューEPをリリース、続いて上海の〈SVBKVLT〉からEP、2015年にLAの〈Alpha Pup〉からフル・レングスを発表。中国初のBoiler Roomに出演し、USのSXSW、UKのShambala Festival、インドのMagnetic Fieldにも出演。そのアルバムからの一曲’White Plain’はアップルの”iPhone on Shot”と”One night in Shanghai”のキャンペーンでフィーチャーされた。2017年のEP「Homeless」はVice、Dazed、Faderといった媒体で絶賛され、Charly XCXの’Boys’のリワーク作品は中国のストリーミング・チャートのトップとなり、バイラルなポップ・ヒットを記録した。2018年のEP「Natural Disaster」が最新のリリースで、精力的なリリースを続けている。また2011年に設立したコレクティブ/レーベル〈Do Hits〉はアジアの最も先鋭的なマインドのクルーへと発展し、レーベル・メイトのJason Hou、Yllis、Guzzの一連のEPとLPが成功し、キュレーターとして国内において最もエキサイティングなリリースを監督した。また映画監督として、中国のアイデンティティーを打ち出したCGI作品を幾つか制作してる。Hoiew Leeの直感的でエネルギーに満ち溢れたライブ・ショーは絶えず進化しており、ツアーによって構築と洗練された最新バージョンが2017年より世界各地で披露されている。

 

 

 

YEHAIYAHAN [Shanghai]

YEHAIYAHAN(別名ChaCha)は上海の伝説的なベース・ミュージック・クルー〈Uprooted Sunshine〉にて自身のサウンドを見つけてから10年、彼女は中国で最も多才で、ダイナミックで、インディペンデントなミュージシャンの一人となり、世界的に有名なアンダーグラウンドのテイスト・メー​​カー―Clive Chin、Kode9、High Tone、Matthieu Chedid、そして国内のヒーローであるJ-Fever、Purple Soul、Akin、Soulspeakなど、世界中のフェスティバルやショーケースに出演する著名なアーティストとコラボレーションを重ねている。ヒップホップ、ダブ、ベース、トリップホップといったサウンドを経由し、実験的なソロ・プロジェクトFaded Ghostでは新しいツールとスキルを身につけ、これまでにないオリジナリティを追求。10年以上のキャリアで大きな進化を遂げた彼女の音楽は独立した新たなるソウルを宿し、今日の中国において最も重要かつ並外れた才能の1つと言える。

 

 

 

Veeeky [SCV / Taipei]

グラフィックデザイナー、マルチ・メディア・アーティスト、DJ、3Dビデオメーカー、そして最近ではファッションデザイナーとしても活躍するマルチ・クリエーター。

 

 

Le Makeup

1997年生まれのプロデューサー/DJ/シンガー。Eternal DragonzやAshida Parkといった注目のレーベルからリリースを重ねるほか、ドラマの劇伴の制作への参加や、ラッパー・シンガーへの楽曲提供など活躍を見せる。現在は、シンガーDoveと共にレーベルPure Voyageを主宰し、自身のファーストアルバム制作中。

 

 

 

荒井優作 / Yusaku Arai

1995年生まれ。神奈川県出身。現在は東京在住。成熟って何?

 

category:NEWS

tags: / / / /

RELATED

FEATURE

2019/11/05

Malibu interview

鳥の群れ、海に降るチェロの豪雨
 more

2019/11/04

「Local X6 World Lotic – halloween nuts –」photo

10月26日、WWW Xで撮影
 more

2019/10/24

「Hot 10 artists from Russia and Ukraine」

ロシア・ウクライナ新世代10組を紹介
 more