ENG JPN

Taquwami インタビュー

『31』-自然を脳と目と鼻と耳と皮膚で感じる瞬間の音楽-

 

 

どこで区切るか難しいところだが、2011年〜2012年頃は日本のインディーが、ザワザワと、ゴボゴボと、し始めた頃である。例えば、Jesse Ruinsが当時アメリカのインディシーンを牽引していたCaptured Tracks(Mac DeMarco、Beach Fossils、DIIVなどが所属していた)と契約し、コンピレーション『Ç86』(möscow çlub、Super VHS、Elen Never Sleepsなど収録)がリリースされた。他にもたくさんの日本のアーティストがインディーブログ文化と共に発見される。ちなみに彼らを発見したのは主に海外のブロガー/リスナーだった。『Ç86』にOccult You名義で参加していたTaquwamiは、当時の日本のシーンの中でも一つも二つも頭が飛び抜けた完成度の高いサウンドで、注目のプロデューサーだった。Seihoとのスプリットはリリースされなかったが、2015年には『Moyas』もリリースされたし、環ROYとOBKR(小袋成彬)とコラボ曲『ゆめのあと』など、アウトプットはマイペースに行われていた。しかし、昨年10月にリリースされた例の31曲は、Taquwamiのキャリア史上最もアクティブな動きだったはず。以前から親交があったRyan Hemsworthのレーベル<Secret Songs>から毎日1曲づつ、 全31曲をリリースするという前代未聞の企画を敢行したのだ。そして、その31曲に未発表2曲を加えたCDの発売が決定。さらに、2年ぶりのライブとなるリリースパーティーも控えるTaquwamiにメールインタビューを行った。

 

 

– 今更ですが、Taquwamiという名前の由来を教えてください。

 

Taquwami – 名前のようでなんだかよくわからない1つの単語にしたくて、本名を捩ってこの名前にしました。

 

– 以前、いくつか別名義あったと思うのですが、現状どうなってますか?

 

Taquwami – 最近はあまりやってないですね。そもそも別名義で曲を作り始めた理由っていうのが、Taquwamiとしての方向性を見定めるためにやっていたところが大きいので、最近はその必要がなくなってきて必然的に活動していないみたいな感じです。1人で音楽を作り始めた時は創作意欲も爆発していて、やりたい雰囲気の音楽もいっぱいあって、自分がどういう音楽を主に作りたいのか自分でもわからなかったんです。そのモヤモヤが最近は解消されてきたので、別名義の活動をやらなくて済むようになった、っていうのが正しい言い方かもしれません。

 

– どんな生活サイクルを送っていますか?

 

Taquwami – 平日は会社員として働いています。調子が良い時は出勤前、退勤後に制作する時があります。土日は大体家にいて音楽を聴くか、制作するか、寝たりしています。

 

– 日常のルーチンの中に制作がある感じですか?

 

Taquwami – ルーチンではないですね。制作のモチベーションに波があるので数ヶ月そもそもDAWすら開かないということがちょくちょくあります。ルーチンにできたらいいんですけどね…。ですので、先ほどの生活サイクルはモチベーションがある時の生活サイクルって感じですかね。

 

 

– 普段はどういう音楽を聴いていますか?

 

Taquwami – 新しい音楽はメインストリーム・インディー問わず、国内・国外問わず常に聴いています。Ryanに教えてもらったAlicks – 『1997』は去年リリースされた作品の中ではよく聴きました。去年リリースじゃないですがSufjan Stevens – 『Carrie & Lowell』はリリース以降聴いてなかったのですが、去年たまたま聴く機会があって衝撃を受けました。人生のベスト3に食い込むくらいのアルバムにこの歳になって出会うとは思っていませんでした…『Illinois』は前から好きだったのですがそれを超えちゃいました。新しいもの以外でしょっちゅう聴くのはMidwest Emo全般とWeezer – 『Blue Album』です。あとはミックスを聴くことが多いです。2018年印象に残った3曲をAVYSSさんの記事に載せていただいているのでよかったらチェックしてみてください。

 

– Midwest Emoは、Taquwamiくんより少し上の世代がジャストじゃないですか?例えばどんなバンドが好きですか?

 

Taquwami – そうなんですか?Midwest Emoってワード自体は最近知ったので世代とかはちょっとわからないですが、18,19くらいの時にスタートトゥデイでエモ系のCDを買い漁っていた時期があって、その頃の思い出込みで聴いてる感じです。もちろんAmerican Footballは好きですが、その他はYouTubeとかでMidwest Emoで検索してプレイリストを聴いているだけなので、特定のこのバンドが好きって感じではないかもです。

 

– Twitterでも仰ってましたが、改めて今回のプロジェクトを行う経緯を教えてください。

 

Taquwami – Secret SongsのオーナーであるRyan Hemsworthからの誘いが始まりです。これまでEP等のリリースのオファーを受けて製作はしていたのですが、大体途中で頓挫してしまっていて。何か作り始めると7割まではめちゃくちゃ調子良く短期間で完成するのですが、それ以降が全く進まないんですよね。ゼロから何かを作るのは得意だけど、洗練するのが苦手なタイプなんでしょうか…。あとは自分の中での完成形のハードルが高すぎるのが主な要因だと思います。そういった理由からまとまった作品が中々完成されられなくて、でもシングルだと自分のやりたい音楽を詰め込めないとも思っていて、どっちつかずなフワフワ状態で悩んでいたんです。そんな時にRyanから今回のお声がけがあって、それだったらある種シングルの詰め合わせみたいなものだからトータル像はなくていいし、色んな音も詰め込めるしで行けるかな?と思い快諾しました。

 

– それぞれシングルとしての強度もありつつ、組曲やストーリー性のような連なりも見えてきます。今回のプロジェクトの制作プロセスはどのような感じだったんですか?

 

Taquwami – 先の質問と矛盾しますが、結果的にはこれまで作って寝かせていた複数のEPを基盤として作った形になりました。実際にこのプロジェクトについて色々イメージを膨らませ始めたら、やっぱり連なりがあった方がいいなと思って。シングルの詰め合わせみたいな形よりもトータル像を意識して作業しました。具体的な構成としては、EPとしての塊が6つあって、それらを繋ぐように小話を接着剤的に入れ込んでいった形です。それぞれの曲の作った時期はバラバラですが、やはり全部7割程度の完成度だったので、今回のプロジェクトの提案を受けて全部完成に持って行った感じです。日常生活の中で一瞬意識が日常から離れる瞬間てあるじゃないですか?自分の気持ちとか、綺麗な景色とか、自然の匂いとか、突然の風とか、色んな要素が絡まって「あら?」ってなる瞬間。その瞬間をうまく表現できたのではないかと思っているので、かなり長いですが通して聴いて欲しいと思っています。

 

 

– 四季や自然という要素はTaquwamiくんにとって重要なキーワードなのですか?

 

Taquwami – 四季はあまり意識したことがないですが、自然はかなり重要視していると思います。自然を脳と目と鼻と耳と皮膚で感じた瞬間を音にするっていうのはここ数年ずっとテーマになっています。

 

– 昔からメロディが美しいと思っていました。メロディはどのように書きますか?降ってきますか?それとも自分なりのソースがあるんですか?

 

Taquwami – ありがとうございます。それで言うと降ってくる方になるんでしょうか。まずメロディを書く前に泣けるコード進行を練ります。次にその泣けるコード進行をループして、延々とメロディが出てくるまで鍵盤かギターを引き続けて考えるパターンがほとんどです。適当に弾き続けていると、「次この音に行ったら気持ちいいだろうな」っていうポイントが必ず出てくるので、それを積み重ねていく形です。Jesse Ruinsのリミックスはまさにこの方法で鍵盤を弾き続けて考えました。あのメロディは原曲に引っ張られた感じと自分の感じがうまく合わさった感じで非常に気に入っています。この方法以外では二度寝、昼寝のまどろみ時が一番アイデアの出てくるタイミングなので、その時にそらで考えたりもします。

 

– 31曲の中で気に入ってる曲はありますか?

 

 

『White Smoke, Turtle』

Taquwami -「BPMには乗せたくない!でも乗せたい!」っていう気持ちが常にあって、それをうまく表現できた曲だと思っています。ドラムがなくなるバースのメロディがかなり気に入っていて、以前バンドをやっていた時に考えたメロディを使いました。全体の雰囲気としてはMilton Naschimentoのような神が降りてきそうな雰囲気を目指しました。

 

 

『海』

Taquwami – これは単純にコード進行とメロディが気に入っています。J-POP的な”落ちサビ”をしょっちゅう取り入れるのですが、この曲の落ちサビもいい感じになったかな、と。落ちサビでコードとメロディをちょっと変えるのが大好きです。

 

 

『風e9a2a8』

Taquwami – とにかく1曲の中で展開が二転三転する曲が大好きなのですが、その嗜好を良い感じに形にできたかなと思っています。風っぽい雰囲気も気に入っています。

 

 

『I Can Change / Only In Dreams』

Taquwami – 自画自賛ですが、これはもう本当にエモすぎて自分の曲だけど聴く度にエモくなります。土台ができたのは2013年でそこからライブではしょっちゅうプレイしていて、年々アップデートしてようやくリリースって感じの曲です。自分に嫌気が差して変わりたいけど変われない、っていう気持ち…

 

 

『Pierce』

Taquwami – 今までの自分の曲にはないグルーヴを生み出せたのではないかと思い気に入っています。雲が流れているだけのような雰囲気とか神が降りてきそうな雰囲気への憧れが常に根底にあって、それらのエッセンスを入れこんだ曲です。

 

– 今回ジャケとして、自身で撮影された写真を使用しています。その曲をイメージに合うように31曲分を撮影されたのですか?

 

Taquwami – いえ、これまで撮った写真の中から曲のイメージとマッチしているものを選んでいった形です。曲と同様にインスタリリースしたい写真もいっぱい溜まってしまっていたので…。余談ですが写真はgangcultureに影響を受けています。

 

– 『31』は編集盤的な扱いになると思います。今後、改めて新作のアルバムを作る予定や、作ろうと思っていたりしますか?

 

Taquwami – 作りたいです。そろそろリリースしないとヤバイだろって気持ちです。それ出したらもう作らなくてもいいよってくらいのやつを1枚作りたいです。1人で音楽を作り始めて7年くらい経ちますが、その中で試行錯誤してようやく色々見えてきているので、そろそろ形にできたらいいなと思っています。

 

– 『Ç86』のリリースが2012年です。あの頃のザワザワした感じ、今振り返ってみてどう思いますか?彼らとは特別な繋がりが今もあるように見えます。

 

Taquwami – 純粋に音楽だけを作っている人にも日が当たっていた時期だったんじゃないでしょうか。でも今になって思えば音楽だけ作っていれば誰かが見つけてくれた時期だった、とも言えるかも。今は自分から発信しないと埋もれていくだけなのでどっちが良いのかは人それぞれなんでしょうね。僕は前者だとありがたいですが(笑)繋がりで言ったらElen Never SleepsのKaji君とはしょっちゅう連絡を取り合っています。何に関してもフィーリングがビッタシ合うので少々怖いくらいです。僕がいち音楽リスナーとして最も信頼している人物でもあるので、ぜひ彼が運営してるブログGVVCをチェックして欲しいです。

 

– 音楽以外に夢中になれることはありますか?

 

Taquwami – 正直あまりないです。つまらなくてすみません…。

 

– 理想の未来を教えてください。

 

Taquwami – 僕個人の話で言えばやっぱり音楽だけで生活することです。もしくは会社員のままでもいいので週休3日が当たり前になってほしいですね!週4日は1日10時間働くので…。

 

 

CD『31』と、リリースパーティーの詳細はこちらから。

 

Taquwami “31” Release Party

日程:3/21(木・祝日)

会場:CIRCUS Tokyo

時間:OPEN 18:30 / START 19:00

料金:ADV ¥2,900 / DOOR ¥3,400(別途1ドリンク代)

TICKET:e+(3/4発売) / RA / Peatix

出演:Taquwami、RLP、荒井優作、Takao and more

 

category:FEATURE

tags: / / /

RELATED

FEATURE

2019/05/18

Hirakish interview

来日公演直前。LAのミステリアスアクトへ10の質問。
 more

2019/05/09

Koeosaeme interview

コエオサエメとオバニケシ。
 more

2019/05/07

Astma interview

彼女はチェーンソーの音を「山の叫び」と表現した。
 more