Yuen Hsieh|インタビュー

88rising、Nike、adidas、Chanel、様々なブランドの映像を撮るフィルムメイカー。

 

 

Yuen Hsieh(ユエン・シェイ)はロンドンと上海を拠点にする映像監督である。ケニア、アイスランド、チェコ共和国、東京など、様々な都市で撮影を敢行し、ロンドン、ベルリン、モナコ、北京、台北でアート作品の展示を行ってきた。世界中を飛び回る彼はこれまでにNike、adidas、Chanelなどのブランドとのコラボレーションや、88risingのアーティストのミュージックビデオの制作なども行ってきている。Yuen Hsiehとはどういう人物なのか。メールインタビューと共に、これまでの映像作品を振り返える。

 

 

– 今どちらにお住まいですか?ロンドン?それとも上海?

 

Yuen Hsieh(以下、Yuen) – 今年上海に引っ越したばかりです。その前まではロンドンに住んでいました。

 

– 映像制作を始められたきっかけは何だったのでしょうか?

 

Yuen – Central Saint Martinsで勉強していた2006年の時点では、グラフィックデザイナーとビジュアルアーティストとして活動していたんですよ。僕の作品って、変わった人を追いかけてみたり、水の中で絵を描いてみたりと、なんていうかストーリーに満ちているんですね。それで自分の作品やパフォーマンスを自分で記録することも始めたりもして、そのうちに他のみんなと一緒に映像を作り始めたんです。その中で京都から来た交換留学生が1人いて、僕たちは一緒に「ELECTRONIC COMMUNICATION」というプロジェクトをやったこともありました。その後、ヘッドピースを手がけるアーティスト武田麻衣子さん(Björkのヘッドピースも手がけるデザイナー)と一緒に仕事をするまで、音楽やフットウェア、メンズウェアなど様々な分野で、たくさんの学生と一緒に仕事をしていて。武田さんと働いてことが、SHOWstudioのような、有名な会社と仕事をする可能性を広げてくれたんです。

 

 

– 例えば、どんなものがインスピレーションになりますか?

 

Yuen – 18歳頃はCentral Saint Martinsに入学するためのポートフォリオの準備をしていたんですけど、それまで付き合っていた彼女と別れたばかりで、それから何年も彼女がいなかったんですよね。で、当時は日本のポルノに夢中で、その時はポルノスターの妄想しかしてなかったんです。軍隊に入隊して、ロンドンに住むようになってからは変わったけど、あの時は本当にどうかしてたような気がします。あの時の感じを『Like A Mercedes』で再現したいと思ったんです。あの時期のタイムカプセルみたいなMVなんですよ。

 

– 中国やアジアといった国や地域はあなたの映像に影響を与えていますか?

 

Yuen – もちろん影響はあります。『修龍(XIU LONG)』というプロジェクトをやったことがあるんですが、台湾人の文化の衝突を表現しています。台湾と僕の友人へのトリビュート作品で、ロンドン・デザイン・ビエンナーレでサウンドと料理と映像を使ったパフォーマンスイベントを開催したんですが、国際的なところで僕たちが台湾について表現した初めてのプロジェクトになりました。昔ながらの市場にいる人たちとか、台湾の生活において日常にいる人たちを参考にしていくつかの登場人物たちを作ってみました。で、プロジェクトのために台湾人のラッパーに台湾についての曲を作ってもらったりもしました。タイトルは、誰かが不満を訴えて抗議しているのに全然相手にされない、そんなときに台湾で見られるグラフィティです。(台湾には)中国と日本からの文化も混ざっていて、その色々な文化がたくさん混ざっているクレイジーさみたいなものを世界に提示していきたいと考えてます。

 

 

– 88risingとの仕事はどのように始まったんですか?

 

Yuen – 1年前にLexieにメッセージを送って、そこから彼女と仲良くなって、僕らはミュージックビデオの制作について話し合っていたんです。しばらくしてから、僕はこのミュージックビデオのプロジェクトに88risingが関わっていてワールドワイドなプロモーションをしてくれるって話を知ったんです。

 

 

Yuen – 88risingとはMC JINのMV『Make Your Move』でも一緒に仕事しました。彼は中国ヒップホップ界のゴッドファーザー的存在なんですが、俳優もしていて映画「ワイルド・スピードX2」にジミー役で出演してたから、ミュージックビデオではそのイメージを使ってみました。

 

 

– 日本人アーティストの映像制作にも興味をお持ちですか?

 

Yuen – もちろんですよ。SHIYA ENTERPRISEを日本に持ち込みたいですね。

 

– SHIYA ENTERPRISEとはどういうものでしょうか?

 

Yuen – 僕の映像作品すべてに登場する架空の会社で、『LIKE A MERCEDES』にも登場してるんですよ。例えば、最後のシーンに登場するビデオゲームもSHIYA ENTERTAINMENTのゲームです。

 

 

– お気に入りの映画を教えてください。

 

Yuen – 『マトリックス』、『ピンクとグレー』、『二重生活』

 

– あなたにとって理想の未来とはどんなものですか?

 

Yuen – みんながSHIYA ENTERPRISEの世界に住めることかな。

 

 

 

<原文>

 

– Where do you live? London? Shanghai?

 

Yuen – I just moved to Shanghai this year. Before that I was living in London.

 

– How did you get into filmmaking?

 

Yuen – I am a graphic designer and visual artist back in 2006 when I was study at Central Saint Martins.

Most of my work is full of story such as following some stranger, restraint myself to make a painting under water and so on.

I start to document some of my work or performance by myself and later on I start to work with some other student.

I remember there is a exchange student from Kyoto and we did a project together called ” ELECTRONIC COMMUNICATION”.

I work with many student in different field such as music, footwear and men’s wear too. Till I was working with millinery artist MAIKO TAKEDA.

It open up my opportunity to work with bigger studio such as SHOWstudio.

 

– What are some of your inspirations?

 

Yuen – When I was 18 and get ready to prepared for my portfolio for study at Central Saint Martins.

I just broke up with my previous girlfriend and since that I don’t have girlfriend for few years.

I am addicted to Japanese porn at the time. I only fancy the porn star which I was watching at the time.

After I being in the military and bring in London it is a different stories. But it was crazy and I would like to recreate that in “Like A Mercedes”.

It is a Time capsule for that period of time.

 

– Does China (or Asia in general) affect your films?

 

Yuen – Of course,I had a project “XIU LONG” which it means culture collision in Taiwanese.

It is a tribute for Taiwan and my friend and I held a performance event with sound, food and visual in London Design Biennale.

XIU LONG is the first project we fund our self to speak for Taiwan internationally.

I create few character based on the people around us in Taiwan such as people in the traditional market.

We ask a Taiwanese rapper to compose a Taiwanese song for it. The title is just the graffiti all around Taiwan when you saw some one is protesting for their appeal and nothing is responding.

Some mixed culture from China and Japan too.For me Taiwan is a mixture of many culture and we need to shot out to the world about it’s craziness.

 

– How did you and 88rising start working together?

 

Yuen – I send a message to Lexie a year ago and we became friends and discuss about the coming music video stuff.

After a while they told me about that 88rising will be helping out for global promoting and stuff.

At the time I know that 88rising is involve with this project. After that I work with 88rising for a project in China.

A music video ( MAKE YOUR MOVE ) with MC JIN who is some kind of hip-pop god father in China.

He was in Fast and Furious 2 as jimmy so the concept fo the music video bring back this idea too.

 

– Are you interested in producing videos for any Japanese artists?

 

Yuen – Of course. Bring SHIYA ENTERPRISE to Japan.

 

– What is SHIYA ENTERTAINMENT?

 

Yuen – it’s a virtual company within all of my video.

It’s in LIKE A MERCEDES too.

For example this shot for the ending cut it show up a the video game is produced by SHIYA ENTERTAINMENT.

 

– Please tell me some of your favorite movies.

 

Yuen – The Matrix, ピンクとグレー, Nijyuu Seikatsu.

 

– What would your ideal future be like?

 

Yuen – We could all live in the world of SHIYA ENTERPRISE.

 

 

category:INTERVIEW