自分のことを責めないで|SalamandaのYetsubyがミニアルバム『b_b』を発表

誠実で個人的な天空万華鏡魔法

 

 

Yetsubyは、韓国のアーティストYejin Jangのソロ・プロジェクト。現在までに6枚のアルバム、7枚のEP、そして2つのプロジェクトの間でシングルを次々と発表している。最近のアルバム『My Star, My Planet Earth』は、韓国音楽大賞で「2023年のベスト・エレクトロニック・アルバム」賞を受賞した。

 

ソロだけでなく、Salamandaというエレクトロニック・デュオのメンバーとしても高い評価を得ている。YetsubyがSeb Wilbloodのレーベル〈all my thoughts〉からリリースする作品はハートフルでポジティブなミニLP。6曲入りのこのリリースは、音の錬金術という魅惑的なテーマを通して、彼女の豊かなスキルの幅を垣間見ることができる一方で、より深い内なる感情に難なくチャイムを鳴らしている。

 

 

魅惑的なオープニング曲「Who swallowed the chimes at the random place」は、ミステリアスな世界へと私たちを迎え入れ、ミックスを丁重に切り裂く金属片によって興味深く破られる静けさの世界に誘う。「If I drink this potion」は、泡立つような伝染性のあるリズムが、より美しくバランスの取れたヴォーカルとシンセのハーモニーを迎え入れる。「1,2,3,Soleil」は、Yetsubyのパーカッションに対する洗練された聴覚をさらに発揮する。「Maxilogue : Potion,Materials」では、パレットが浄化され、LP序盤のテクスチャーをよりリリカルに踊らせる。注意深く配置されたブラス・セクションの暖かさとメロディックの優美さによって、私たちは美しくオーダーメイドされたオーケストラの中に座っているよう。「Poly Juice」はこれをさらに推し進め、穏やかなサブの重みが、繊細なアープの伝染するような煌めきを後押しする。ヴォーカルがブロークン・ビートを旋回し、花を咲かせる。「The Sublime Embrace」という適切な名前は、聴く者を癒し、非難から解放するように見える。様式的に砕けたパーカッションの中のエレガントな柔らかさは息を呑む。

 

「自分のことを責めてしまう人たちに、音楽で安らぎと何かメッセージを伝えたい」 – Yetsuby

 

その結果、誠実で深く個人的でありながら、万華鏡のようで超越的な天空魔法を感じさせるリリースが生まれた。リスナーが個人的なレベルでアルバムのテーマと繋がるように誘いながら、リスナーが住む世界を効果的に作り出している。

 

 

Yetsuby – b_b

Label : All My Thoughts

Release date : June 12 2024

https://allmythoughts.lnk.to/TheSublimeEmbrace

 

Tracklist

1. Who Swallowed The Chimes At The Random Place

2. If I Drink This Potion

3. 1,2,3 Soleil

4. Maxilogue: Potion, Materials

5. Poly Juice

6. The Sublime Embrace

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/05/20

〈AVYSS Circle 2024〉追加出演者発表

NIGHTのTHREEにショットライブ追加 more

2024/05/09

下北沢にて2年ぶりのカムバック|サーキットイベント〈AVYSS Circle 2024〉開催

6/8(土) 4会場5フロア|AVYSS Cupも同時開催 more

2024/05/08

行こうぜ、日本!|KARAN! & TToten interview

ブラジリアンファンクは愛、音楽、ダンス、全て幸福に繋がる
 more