くまちゃんシールが初のCD/LPアルバム『くまちゃんシール』を発表

Le Makeup、Takao参加

 

 

おじまさいりはCASIOトルコ温泉、neco眠る、Emerald Four等々のインディーバンドで活動してきたヴォーカリスト/キーボーディスト/ソングライターで、2013年にソロ活動を始め、2017年に《Hoge Tapes》でカセットデビュー。この『くまちゃんシール』は、彼女にとって初のCD/LPアルバムであり、全曲おじまが作曲・プロデュースし、Le MakeupとTakaoのサポートを得て作り込んだ楽曲群は大きな発展と飛躍を遂げている。

 

おじまの個性であるDIYな音を軸に、Le Makeupのヴィヴィッドでカラフルなギターとサウンドメイク、Takaoのアンビエントポップシンセとキーボードが刺繍され、素地のロウファイさと精妙なハイファイさが躍動的に重なった音の層を堪能できる。全11曲中10曲でLe Makeupがミキシングを行い、「CHINA珊都異知」はTakaoが担当。おじまの音楽的アイデンティティの中心は透明感のある声で、インスト曲「カヌーで火を焚く」を除くすべての曲でそのヴォイスが使われているが、歌詞のある曲は半分のみ。アルバム全体で彼女のワードレス・ヴォイスがメロディやテクスチャーの要素として使われている。

 

『くまちゃんシール』はテクノやアンビエントやニューエイジ・リバイバルのフィルターを通したベッドルーム・ポップと呼べるかもしれないが、終盤に収録された四つ打ちリズムに歪んだ音が被さったお宅ディスコ「羹(あつもの)」、英のブレンダ・レイを少し思わせるドゥーワップ風味の似非レゲエ「TINYCELL」という2曲に、お約束を逸脱してしまうおじまの世界観が披露されている。装丁デザインはMaterial(Mdmg a org.)が担当。

 

「夢見るニューエイジ、空中遊泳のポップ」 —中村悠介

 

「さいりちゃんが作る/関わる音楽に一貫する、コード感や選ばれる音色のセンス、独特の危ういピッチ感を携えたボーカル、それは一見(一聴)浮遊感やアンニュイな印象を与えるものだったりするのですが、その奥にある胆力の強さが魅力的なんですよね(そこに惹かれてneco 眠るに加入してもらいました!)。それが最上に結実した大傑作!」森(neco 眠る/こんがりおんがく)

 

 

くまちゃんシール – くまちゃんシール

Label : エム・レコード

Release date : June 23 2023

 

作品仕様:

+ 通常ジュエルケース、8Pブックレット、帯、歌詞掲載

+ D&Mでマスタリング

 

CD版 : https://emrecords.shop-pro.jp/?pid=174761135

LP版 : https://emrecords.shop-pro.jp/?pid=174760040

 

TRACKS:

1. 食む (2:40)

2. 狼の庭 (3:08)

3. ラドナミン (5:17)

4. ペディキュア (3:00)

5. CHINA珊都異知 (3:17)

6. 晩夏 (4:23)

7. 芦毛の馬 (3:42)

8. 生牡蠣 (4:33)

9. カヌーで火を焚く (2:09)

10. 羹 (2:57)

11. TINYCELL (2:00)

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/05/20

〈AVYSS Circle 2024〉追加出演者発表

NIGHTのTHREEにショットライブ追加 more

2024/05/09

下北沢にて2年ぶりのカムバック|サーキットイベント〈AVYSS Circle 2024〉開催

6/8(土) 4会場5フロア|AVYSS Cupも同時開催 more

2024/05/08

行こうぜ、日本!|KARAN! & TToten interview

ブラジリアンファンクは愛、音楽、ダンス、全て幸福に繋がる
 more