Amnesia ScannerがFreeka Tetを迎えてアルバム『STROBE.RIP』を発表

Amnesia Scannerは自分たちが構築した世界に生きている

 

 

Amnesia Scannerの3作目のフルアルバム『STROBE.RIP』は、Freeka Tetとのコラボレーション作品として〈PAN〉よりリリースされる。Freeka Tetはアルバムと関連するライブパフォーマンスにヴォーカリストとして参加。リードシングル「Ride」がビデオと共に公開。

 

『STROBE.RIP』はライブパフォーマンス、インスタレーション、ビデオ、フィジカルプロダクトシリーズの一部である。2014年以来、Ville HaimalaとMartti Kallialaは、オンラインとIRLの領域にまたがる実験を通して、Amnesia Scannerを進化させ、再定義し続けてきた。フランス出身でニューヨークを拠点に活動するFreeka Tetが参加した『STROBE.RIP』はハッカーマインドから影響を受け、新しい形のサウンドへと導いた。プログラマーでありエンジニアであるFreeka Tetの作品は、商業と芸術の境界を曖昧にさせる。直感的な表現は、新しいテクノロジーとクリエイティブなコーディングと組み合わせている。ミームやコードをより人間的で感情的な言語に変換するために、人工的拡張、高度に操作された音、テクスチャー、画像、アイデアなど。

 

Ville HaimalaとMartti Kallialaは、「Amnesia Scannerは今、自分たちが構築した世界に生きている」と語り、この行為に対する真摯な姿勢を示す。『STROBE.RIP』の人間的な次元は混沌としている。逆ヒーローズ・ジャーニーは、揚げたバロックと準天然を融合させ、幻惑的で深い共鳴をもたらす、トロフィー、歌詞、ジャンル、音色のパレットをサイコティックにメガミックスする。

 

オープニング・トラックの「Tongue Demons」はこれを完璧に表現しており、爆音シンセとドラムパターン、デジタルブラスのコード、それらが壊れたメロディへの道を開いている。「Giggle」と「Bounds」は、このアルバムのメロディックな展開を示す内省的な作品で、後者は深いパッドとピッチアップ&ダウンのボーカルで満たされ、ストレンジな2ステップバラードのようなポーズをする。

 

160bpm、4 to 4のパルシングキック、「Disperse」のパームミュートコードは、トラックリストのちょうど真ん中にある「Ride」への完璧なビルドアップとして機能する。地獄の夏ヒット、ひん曲がったサックス、バレアリックアコースティックアルペジオによってあなたは楽園へ。そしてニルヴァーナのアンプラグドから、スレイヤーのダブルキックドラムペダルへと変化し、Freeka Tetがスクリーモを担当するスラッシュトロニカになる前のものである。

 

「Clown」では、特に唱和されたリフレインがソフトになり、「abandoned.club」のトリップホップ的な音色では、さらにエーテル的で、チョップ&スクリューされたボーカルが「I lost myself in the club」と歌っている。「Scorpions, Bats & Spiders」は、ジャーナリストによって作られ、Deconstructed Clubの死を宣言する抽象的な逸品。「脱構築」「クラブ」「パネルディスカッション」という言葉は、まるでこのジャンルの想像上の墓標に刻まれるかのように、トラック全体に渦を巻いて綴られる。アルバムを締めくくる「Cat」のノコギリのようなベースは、Benny Benassiの「Satisfaction」のようなユーロエレクトロを提供し、運命のアウトロ「Merge」は、クラストコアアンサンブルのイメージを描き出す、ノイズとピクセル化したドラムの勝利の集合体でアルバムを締めくくる。

 

 

 

Amnesia Scanner & Freeka Tet – Ride

Label : PAN

Release date : April 27 2023

Stream : https://pan.lnk.to/Ride

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/05/20

〈AVYSS Circle 2024〉追加出演者発表

NIGHTのTHREEにショットライブ追加 more

2024/05/09

下北沢にて2年ぶりのカムバック|サーキットイベント〈AVYSS Circle 2024〉開催

6/8(土) 4会場5フロア|AVYSS Cupも同時開催 more

2024/05/08

行こうぜ、日本!|KARAN! & TToten interview

ブラジリアンファンクは愛、音楽、ダンス、全て幸福に繋がる
 more