Tianzhuo Chen (Asian Dope Boys)による12時間共同作業体TRANCE BANDのライブ盤発売

創造無限カーニバル爆誕

 

 

Tianzhuo Chen (Asian Dope Boys)が、2022年にハンブルグのKampnagel Theatreで開催した12時間公演を収録したTRANCE BANDのスペシャルライブ盤『Entrancing』が〈SVBKVLT〉よりリリースされる。TRANCE BANDのメンバーは、Dis Fig、Felix-Florian Tödtloff、KIM KHAN、Gabber Modus Operandi、CITYからなり、デジタルリリースには各アーティストの新曲が付属する。今週末ベルリンのKomische Operで行われるTRANCEの公演で本作のレコードが先行発売。

 

 

共同作業による表現よりも個性を優先させる傾向がますます強まっている世界情勢の中で、TRANCEは異彩を放つプロジェクト。Asian Dope Boysの活動で知られる中国の複合芸術家Tianzhuo Chenが主導するTRANCEは、常に進化するラインナップと同様に芸術的に不定形で、国境やタイムゾーンを越えて揺らめく。2019年、Tianzhuo Chenの個展の一環として北京で公開されたこのプロジェクトは、生きることと死ぬことの変化した状態を調べ、その概念が示唆する音、感覚、身体、空間について熟考した12時間の持続型パフォーマンスであった。COVID-19の制限により3年間保留されていたTRANCEは、最終的に昨年ハンブルグのKampnagel Theatreで初演され、3日間のセレモニーとして上演された。今回のTrance Bandは、ベルリン在住のノイズメーカーでボーカリストのDis Fig、インドネシアのGabber Modus Operandi、ミュージシャンでMCのKIM KHAN、ギターリストでエンジニアのFelix-Florian Tödtloff、バンクーバー在住のパーカッショニストでプロデューサーのCITYで構成されている。Tianzhuo Chenは、各アーティストのユニークなエネルギーを結集させ、それぞれのスキルを際立たせながら、バラバラの状態では実現できないようなアイデアを押し出すライブを演出した。

 

『Entrancing』は、ハンブルグでのセッションのライブ・ドキュメントであり、2年間停止していたプロジェクトに再び火をつけることを可能にしたパフォーマティブな花火によってパワーアップした。これまでのTRANCEと同様、空間は異質な風景へと変化し、集団は厳密に管理されながらも創造的無限カーニバルを繰り広げることができた。音楽的Uターンは、泥と霧に覆われた屋外の川をアリーナに、あるいは汗臭いナイトクラブに作り変える記念碑的なステージのオーバーホールを伴って行われた。このような演劇的インパクトは、レコードではそれほど明確に視覚化できないが、音楽的なサインは、魅力的な輪郭を提供するのに十分な力強さを持つ。There’s a Ghost in the Lantern “の魅力的なエレクトロ・アコースティック・プラックと共鳴するサステインの音色が、”Ylva’s Theme “のシネマティック・ドローン・メタルに流れ込むとき、TRANCEの物語に引き込まれないわけにはいかない。ステージライトは、この漠然としたグループが、彼らの個人的な物語を刺激的で相乗効果のある詩に書き換えるとき、尋常ではない強さで明滅する。

 

“何かが変わる!”

 

音楽的芸術的な慣習に縛られることなく、TRANCEは地下室、ギャラリー、劇場を飛び出して、新しい何かを表現する。爽やかで、ウィットに富み、爽快で、予測不可能な何か。

 

 

TRANCE BAND – Entrancing

Label : SVBKVLT

Release date : March 3 2023

Format : LP + digital

Tracks 1 – 10 recorded live at Kampnagel Theatre, Hamburg, 2022.

Live Recording: Sebastian Meyer

Mixing: Felix-Florian Tödtloff

Mastering: Raphael Valensi

Artwork: Felcia Chen, Kieren Loftus, Tianzhuo Chen

https://svbkvlt.bandcamp.com/album/entrancing

 

Tracklist

1. Uncle

2. There’s a Ghost in the Lantern

3. Ylva’s Theme

4. Soft and Black

5. (Enter) Hell

6. Trance Genesis

7. Shaolin Affliction

8. A Seagull’s Hymn

9. Nutz

10. My Fortress

11. Felix-Florian Tödtloff – Arabesque [digital only]

12. Felix-Florian Tödtloff – Cinnamon Drone [digital only]

13. KIM KHAN – Verdoyant [digital only]

14. Dis Fig – Doll Parts [digital only]

15. Gabber Modus Operandi – Larung [digital only]

16. v1984 & City – Parallel Phrases [digital only]

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2024/05/20

〈AVYSS Circle 2024〉追加出演者発表

NIGHTのTHREEにショットライブ追加 more

2024/05/09

下北沢にて2年ぶりのカムバック|サーキットイベント〈AVYSS Circle 2024〉開催

6/8(土) 4会場5フロア|AVYSS Cupも同時開催 more

2024/05/08

行こうぜ、日本!|KARAN! & TToten interview

ブラジリアンファンクは愛、音楽、ダンス、全て幸福に繋がる
 more