ENG JPN

Asian Dope BoysのTianzhuo Chen、最新作『牧羊人』を京都国際舞台芸術祭にて発表

パフォーマンス×インスタレーションのハイブリッド空間

 

 

パフォーマンスから映像、デザイン、ファッション、電子音楽、宗教まで、ジャンルやメディアを自由に横断する中国ミレニアル世代の旗手、Tianzhuo Chen。彼の作品では、ひとつのパフォーマンスが独立した映像作品となり、そこからさらにオブジェや絵画、空間と融合し、新たな(創造的)作品へ進化していくことが多い。

 

Tianzhuo Chenが今回発表する最新作『牧羊人』も、複数の過去作品をリミックスし、進化させたパフォーマンス×インスタレーションのハイブリッド空間となる。中国語で“羊飼い”を意味するタイトルは、多くの宗教において「失われた魂の探究」を意味するメタファーであり、転じて精神的変容の出発点を象徴する。最新の映像作品『The Dust』を用いて構成されるメインギャラリーは、神秘的な宗教儀式とレイヴパーティーが混淆する祝祭的空間となり、鑑賞者が精神世界を旅するための格好の舞台装置となることだろう。オープニングの週末には、Tianzhuo Chenがディレクションする3時間に及ぶ音楽ライブとDJパフォーマンスも開催される。

 

10月2日はEartaker、Prettybwoy、10月3日はMars89、¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U、そして両日にVMO (a.k.a. Violent Magic Orchestra)の出演が決定。さらなる恍惚とトランスの世界へどっぷり身を浸し、自らの自我を解き放ってみてはいかがだろうか。

 

 

[展示]

10.1 (金) 16:00-20:00

10.5 (火) – 10.31 (日) 11:00-19:00 (月曜休館)

 

[ライブパフォーマンス]

10.2 (土) 16:00

10.3 (日) 16:00

上演時間180分 (予定)

 

出演:

10.2 (土) Eartaker, Prettybwoy, VMO (a.k.a. Violent Magic Orchestra)

10.3 (日) Mars89, VMO (a.k.a. Violent Magic Orchestra) , ¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U

*10.2, 3はライブパフォーマンス準備のため展示は公演チケット購入者のみ入場可。

 

【ライブパフォーマンス注意事項】

・13歳未満入場不可

・公演日はチケット購入者のみ15:30から展示をご覧いただけます。

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

 

展示:無料

公演チケット

●前売り

一般:3500円

25歳以下:3000円

高校生以下:1000円

ペア:6500円

 

●当日

前売り料金+500円

 

詳細 : https://kyoto-ex.jp/shows/2021a_tianzhuo-chen/

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/09/14

JUMADIBA Interview|自分らしく、地図を広げて

“自分だからこそできることをやる” more

2021/08/27

〈Mizuha 罔象〉がコンピレーションアルバム『Biosphere』を発表

人類誕生前の地球の記憶 / 再構築されるノスタルジア
 more

2021/08/17

RIA interview

9つのテーマについてのQ&A more