ENG JPN

野菜が道端にコロコロ|Kate NVがニューアルバム『WOW』を発表

逆擬人化で言語の外へ

 

 

Kate NVの『WOW』は、リスナーの視点とスケールをプリズムのように変化させ、平凡な日常が可笑しく、見慣れない、パラレルな次元を提供する。2020年に発表したアルバム『Room for the Moon』の内容を逆さまにして、好奇心と驚きに満ち、床の上にこぼし、Kate NVは音 / 物 / 儀式を顕微鏡の下に置いて、日常生活のありふれた風景の中に隠された喜びを拡大させる。

 

光沢のある、スポンジのような?プラスチックのような?『Room for the Moon』が(抽象的に言えば)構造を受け入れ、ポップに傾いたのに対し、『WOW』は従来の曲の形を喜んで捨て、音楽の時間という経験を恍惚とした断片に解析する。

 

これ以上ふさわしいアルバムタイトルを想像するのは難しい。隅から隅まで覗き込み、言葉ではない、間違いなく人間ではない言葉、リリシズムを用いる代わりに、Kate Shilonosovaは言語の外に出て、テクスチャーのガムボールマシンで私たちに報酬を与える。言葉は、おいしい破裂音、擬音語、パーカッシブなさえずりや一発芸であり、歌は、Kate Shilonosovaの言う “おかしな小さな音 “の別の形として機能する。自分の足につまずき、それを笑い、わざとチューニングを外し、傾き、トップヘビーな花のように傾く。Kate Shilonosovaは、Found Sound NationのBroken Orchestraサンプルパックの長年のユーザーであり、フィラデルフィアの公立学校から調達した1000以上の荒廃した楽器のサウンドカタログを使用している。これらの完全に不完全な楽器は、シンセサイザーと友人が演奏するクラリネット、フルート、マリンバの断片を再編集した『WOW』のパッチワークにしっかりと繋ぎ合わされている。それはこのアルバムの内部論理の中心であり、何が壊れ、何が壊れないか、何が文でないか、何が文でないかということは無視されている。主語と目的が混ざり合い、ニューウェーブ的な感性を持つ。

 

Kate Shilonosovaは長い間、無生物との奇妙な関係を持っており(自転車を親友とする)、彼女は一種の逆擬人化を示す。彼女は声を小さくし、大勢の中のオブジェクトとなり、サイズも視点もおもちゃのようになり、座りっぱなしで無関心なルームメイトと同居している。この子供のような視点の追求は、彼女のカタログの多くを貫いており、彼女の作品を、彼女のヒーローである竹村延和のそれと同じ平面上に置いている。この好奇心の追求によって、『WOW』は深い創造性、流動性、技術的な目まぐるしい芸術性を確かなものにしている。制約やルールを拒否することで、深い自由を体現し、オブジェクト、サウンド、プロセスが有機的に展開することを許す。彼女のレンズを通して、小さなものが巨大に、古いものが新しくなる。

 

Kate NVの『WOW』は2023年3月3日にヴァイナルとデジタルフォーマットでリリースされる。先行シングル「oni(they)」は作詞で食品まつりが参加。アルバムの収益の一部は、紛争によって影響を受けた子供たちとその家族を支援し、次世代のために持続可能な平和を構築するために活動している団体〈War Child〉に寄付される。

 

 

 

Kate NV – WOW

Label : RVNG Intl.

Vinyl / Digital – March 3rd, 2023

Pre-order : https://lnk.to/rvngnl82

 

Tracklist

01. oni (they)

02. confessions at the dinner table

03. slon (elephant)

04. asleep

05. nochnoi zvonok (night call)

06. mi (we)

07. d d don’t

08. early bird

09. razmishlenie (thinking)

10. flu

11. meow chat

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2023/01/16

理性が焼き切れる瞬間まで|FELINE interview

1/20 SPREADにて初ワンマン開催
 more

2022/12/27

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.3

2022年印象に残った5作品 more

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.2

2022年印象に残った5作品 more