ENG JPN

Hirakish再来|speedy lee genesisとリユニオンし、Neoplasiaの扉は3年の時を経て開く

10/21 Forestlimit

 

 

最後のNeoplasiaがWWWで砕け散って3年、初めての場所Forestlimitにて、4回目のパーティーの扉がついに開かれる。星を持ったアーティストHirakishのニューアルバム『New Age Rockpopadelic』を記念しつつ、東京に生き、蠢動する人々と共に時を過ごしたspeedy lee genesisの演出は、予想だにしない方向へ・・・

 

 

~ speedy lee genesisからのメッセージ ~

 

2020年のためのアプリとして使命を受け、Yves Tumorと共にたった数時間だけ産声をあげたNeoplasia3が砕け散り、3年の月日が流れてしまいました。時代に翻弄され混迷を深めながらも、アンチエイジングに挑み続けることを自称してきた私ですが、ついに初めての場所forestlimitで4回目の扉を開くことになりました。

 

星を持ったアーティストHirakishが、傑作アルバム「New Age Rockpopadelic」を携えてロサンゼルスより合流することになりました。果てのない夢想家は、大人となり、ネプチューンズやプリンスを連想させながら、それを異化させる存在へと歩みを進めています。テクノロジーや、倫理、疫病といった眩い話題の傍らで、ふと見失いないそうになるトレンドなるものが、ここには確かにある。そう確信できる存在。そんな人間と共にNeoplasia4が催されることは必然なのです。

 

「New Age Rockpopadelic」を共同で制作した真にマジカルな男イアン・エバンスはHirakishのコラボレーター・親友、みなさんにとってNapolianとして知られた人物でしたが、彼にとってこの作品は遺作となるものです。「(彼には彼自身の) 計画があったんだ」そんな悲しくて美しい物語がライブパフォーマンスとして紡がれることになるかもしれません。

 

そしてNeoplasia4は古き友人、新しき友人、まだ見ぬ友人を行き来して刺激し合う媒介となってくれるでしょう。そして彼ら、彼女らはspeedy lee genesisとパーティーを作り、流れを生むのです。

 

このタイミングでは私とHirakish以外のラインナップを公開することを伏せますが、今回は∞と題した演出を出演者の間に設け、コンテクストの輪郭を作る試みを行います。私は東京で生き、みんなの状況をなんとか理解しようとつとめました。その成果になるはずです。

 

「ちょっと空元気を出してみたんだ」「ほんとは元気なんてないから疲れてきたよ」「でも、それでも明るくやっていきたいんだ」そういうナイーブで明るい気分の定着。切り離されていく自己とキャラクターの狭間で不気味に微笑うのです。

 

この3年間の途方もなく気色の悪い、でもかけがえのなかった時間を共に過ごした人と始めるNeoplasia4。そして2019年の私を知る人々の再会の寄る辺となることを願う。

 

結びとなりますが、ラフォーレ原宿のショップGR8にて、Hirakish「New Age Rockpopadelic」の発売を記念したポップアップストアが10/19から3日間11:00 – 20:00の時間開催されることも決定しています。アルバムに関連したグッズから、Hirakish本人が全ての生産を手がけるValenteenラインのアイテムまで多数取り揃え展開されます。こちらもぜひ。

 

(パーティー「Neoplasia4」の来場予約は特設サイト https://neoplasia.art/ のみで行なっています。)

 

 

 

Neoplasia4

 

*日程:

10/21 fri at Forestlimit

 

*時間:

19:00 open/start

 

*料金

¥3000 + 1D

オンライン予約 https://neoplasia.art/ 

 

*出演

Hirakish (LIVE)

speedy lee genesis (DJ)

 

and more

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2022/12/02

Evanora:Unlimited in Tokyo – Interview

変わり続ける無形のコンセプト more

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more