ENG JPN

Safety TranceがArcaをフィーチャーした「El Alma Que Te Trajo」のMV公開

レゲトンの可能性を探求する

 

 

ベネズエラ出身でバルセロナ在住のアーティストLuis Garbanは、レゲトン再構築プロジェクトSafety TranceとしてデビューEP『Noches de Terror』を発表。

 

レゲトンの可能性を探求し、インダストリアルレゲトン、EBMレゲトンを収録したEPから、同じベネズエラ出身のスターArcaと再びタッグを組んだリードシングル「El Alma Que Te Trajo」をリリース。Unax LaFuenteとArcaが手掛けたビデオが公開。

 

 

この2人は密接に連携しており、最近ではArcaのアルバム『KiCk』シリーズの数曲で、ROSALÍAやBoys Noizeらとコラボレーションしている。Luis GarbanはCardopusherとして知られ、過去10年にわたりクラブを混乱させるようなノイズ主体の作品を制作してきた。彼は、90年代半ばから後半にかけてカラカスで育ち、騒々しいオールドスクールレゲトンを新しいプロジェクトSafety Tranceとして変異させる実験を開始する。

 

Safety TranceとしてのデビューEP『Noches de Terror』は、インダストリアル、EBM、レフトフィールドのレゲトンを巧みに組み合わせ、不確実性の高い時代のサウンドトラックとして制作。その結果、エネルギッシュなダンスフロアトラックから、歪んだブロークンビートのテクスチャーまで、様々なものが生まれていった。

 

「このレコードで私が考えたのは、レゲトンの可能性を追求し、新しい領域へ持っていくことでした。多くの人が、このジャンルはラジオで聴くだけのものと思っているが、決してそうではないんだ。」

 

 

 

Safety Trance – El Alma Que Te Trajo ft. Arca

Label : Boysnoize Records

Release date : 16 June 2022

Stream : https://ffm.to/bnr213s

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/06/07

dariacoreは(きっと)蘇る|ネットミームとしてのサンプリング音楽考

dariacoreは死んだのか more

2022/05/16

Luby Sparks interview

深化するオルタナティヴ、ロックバンドが向かう未来 more

2022/04/26

“速さ/早さ” をテーマにした賞金争奪バトルパーティ「AVYSS Cup」開催

勝者は会場のお客さんがジャッジ
 more