ENG JPN

敗北、逃避、理想主義|Provokerがデビューアルバム『Body Jumper』をリリース

YEAR0001より

 

 

〈YEAR0001〉からリリースされたProvokerのデビューアルバム『Body Jumper』は、孤独な反省の夢想、焦燥感と悲しみを表現している。

 

ダークウェイブとポストパンクの美学、ポップスに隣接した現代的なアプローチを組み合わせるProvoker。バンドの創設者であるJonathon Lopezは、もともと映画音楽を探求するためにプロジェクトを立ち上げたが、いつの間にか自立したグループへと変化していった。

 

映画やビデオゲーム、特にRPGから引き出された物語の要素を取り入れた作品について、またバンドについて、ボーカルのChristian Pettyは次のように語る。「私たちの曲はすべて、敗北感や不安感が背景にあります。深い悲しみ、逃避、あとは理想主義などです。」

 

 

 

 

Provoker – Body Jumper

Label : YEAR0001

Release date : 13 August 2021

Buy / Stream : https://yr1.se/bodyjumper

 

Tracklist

1. Vehicle Dissolve

2. Blue Sheen

3. Rose In A Glass

4. Spell Strike

5. Voice Enable Zero

6. Bugs & Humans

7. Mystery Key

8. Re-Per

9. Spawn Kill

10. NPC

11. Memory Overwrite

12. Exit Thru The Head

13. The Next Day

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2023/01/16

理性が焼き切れる瞬間まで|FELINE interview

1/20 SPREADにて初ワンマン開催
 more

2022/12/27

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.3

2022年印象に残った5作品 more

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.2

2022年印象に残った5作品 more