ENG JPN

The Linda Lindasがアジア人差別の実体験を基にした新曲「Racist, Sexist Boy」を披露

映画『Moxie』にも出演

 

 

The Linda Lindasは、アジアとラテンの血を引く姉妹と従姉妹と友達で結成され、現在10歳から16歳のメンバーで構成されたLA拠点のパンクバンド。バンド名は、2005年に公開された山下敦弘監督の映画『リンダ リンダ リンダ』から由来している。すでにBikini Killのオープニングアクトを務め、Rage Against the MachineのギターTom Morelloから賞賛されており、さらにセクシズムなどをテーマにしたNetflixオリジナル映画『Moxie(邦題:モキシー 〜私たちのムーブメント〜)』にも出演し、Bikini Killの「Rebel Girl」とThe Muffsの「Big Mouth」、2曲のカバーを披露している。

 

そんなThe Linda Lindasが、ロサンゼルス公共図書館で開催された「TEENtastic Tuesdays」シリーズにてオンラインライブを行い、新曲「Racist, Sexist Boy」を披露した。今作についてドラムのMilaは、「ロックダウンに入る少し前にクラスの男の子が私のところに来て、”お父さんが中国人に近づくなと言った”と私に言ったんです。私が中国人であることを伝えると、彼は私から離れていきました。その経験をもとにEloiseと私はこの曲を作りました。」と語り、さらにEloiseは、「その彼と世界中の人種差別的で性差別的な男の子達について歌った曲です。」と続けている。

 

 

 

The Linda Lindas – Racist, Sexist Boy (Live at LA Public Library)

Label : Epitaph

Release date : 21 May 2021

Stream & Download : https://thelindalindas.ffm.to/racistsexistboy

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE