ENG JPN

90sサイバーオカルトとメディアアートの地下水脈|ヘンリー川原のアーカイブ作品が発表

電脳的反抗と絶頂

 

 

90年代の本邦サイバー・オカルトとメディアアートの地下水脈で暗躍した音楽家、ヘンリー川原の初アーカイブ作品『電脳的反抗と絶頂: エッセンシャル・ヘンリー川原』がエム・レコードよりリリースされる。

 

今作は、90年代前半におびただしい数の作品を発表した後、表舞台から姿を消したアウトサイダー作家ヘンリー川原の作品を、メディアアートで活動を共にした沖啓介の寄稿と、その作品を果敢に送り出した八幡書店の社主かつ本邦オカルト界のフィクサー、武田崇元のインタビューを交えて検証している(作品解説は江村幸紀)。

 

収録曲は、挑発的で実験色強いものから、東南アジア音楽を流用したもの、サイバー感が充満したアンビエント・チューン、スピリチュアルなピアノ曲など、楽曲ごとの振り幅は尋常ではない。精神世界とテクノロジーが怪しく交錯したカウンターとしてのオカルト精神が見え隠れし、聴くものを向こう側の世界へ導く。今作のほぼ全曲が既発版とヴァージョンが仔細に異なる作家のフェイバリット版および未発表曲で、VINYL版はLP2枚組、CD版はCDのみボーナスディスク『無目的論-α』と『無目的論-β』を付けた3枚組となる。これまで知る由もなかった、本邦サイバー・オカルトと初期デジタル・メディアアートをミクスドしたヘンリー川原の真相(深層)に迫る。

 

まるで2021年のコロナ禍の世に放たれるべく秘蔵されていたかのような、ポストパンデミックな”音泉”が世紀を跨ぎ遂に御開帳!!!!!!! いま、人類にとって必要不可欠なのは、変異株にも効くワクチンの接種と、故・ヘンリー川原の源泉を両耳から魂に直接かけ流す行為だ!!!!!!!

—宇川直宏(DOMMUNE)

 

Henry Kawahara has been called “the Jon Hassell of Japan”, but upon closer inspection one finds that his work operates on very different terms. Like Hosono’s forays into computerized Ryukyu folk “sightseeing music” or Tsutomu Ōhashi’s Ecophony trilogy, Kawahara’s world projected ancient musical traditions and notions of cultural identity onto the modern digital plane through a fusion of cybernetic thinking and pan-asian cultural introspection that makes Western attempts to do the same seem quaint in comparison. Kawahara’s omnidirectional sound “illusions” were constructed not as albums but psychological experiences, billowing with a then-nascent notion of early 90s cybernetic spirituality that was proliferating on both sides of the Pacific as the hyperlinked state of global connectivity we know today was just beginning to crystalize. Through digital representations of folk instruments, shifting MIDI sequencing and custom binaural recording technology he aimed for psychoacoustic effect as much as artistic, all via a countercultural form of distribution untethered from the commercial expectations of post-bubble modes of artistic production. This EM collection draws out the best of his fruitful early-mid 90s period into a revelatory sequence, generously opening Kawahara’s world to all.

—Spencer Doran (Visible Cloaks)

 

Henry Kawahara’s deal is Intimate, Intuitive, Adventurous, and Acidy! Spice is added to all, whether its ethereal guitar, nature effects, gamelan club trance, or LSD experimentations. In the vibe of Coil’s “Love Secret Domain” and out there clubgamelan. The creative force of the jungle is mutated and interchanged with further sound palettes, and his effex palette has the schwing of a 90s grunge guitarist. His musical tendencies are natural and his scope and variety are dangerous.

—Spencer Clark (The Star Searchers / Pacific City Discs)

 

 

アーティスト名:ヘンリー川原(Henry Kawahara)

アルバム題名:電脳的反抗と絶頂: エッセンシャル・ヘンリー川原(Cybernetic Defiance and Orgasm: The Essential Henry Kawahara)

フォーマット:3CD / 2LP / Digital

カタログ番号:EM1197TCD/DLP/DL

定価:CD版 3500円(税別)、LP版 3300円(税別)

制作発売元:エム・レコード (EM Records)

マスタリング:Takuto Kuratani

VINYL用追加マスタリング&カッティング:Anne Taegart at D&B, Berlin

解説:沖啓介(寄稿)、武田崇元(インタビュー)、江村幸紀(序文)

英語翻訳:Matthew Lane

装丁:2yang

Ⓒ & Ⓟ 2021 EM Records

 

発売予定日:6月25日一斉発売

CD : https://emrecords.shop-pro.jp/?pid=159298908

LP : https://emrecords.shop-pro.jp/?pid=159298541

Bandcamp : https://emrecords.bandcamp.com/album/cybernetic-defiance-and-orgasm-the-essential-henry-kawahara

 

=LP A面=

01. 私とあなたの関係に於いて、私は私自身についてベッドの上で考察する(Panpot Version)

02. 原始の愛 (Delayed Version)

03. 旅立ち

04. Sound LSD #.SS05/7.83HZ (Radio Mix)

05. ECO-Loocation (Stargazer Version)

 

=LP B面=

06. アンクルンの唄 (Edit)

07. ライラックの弦 (First Version)

08. [java] dance #2. “RELAXED”

09. Nanpū (First 1992 version)

10. 博物館の子供達 (Original Nov. 1991 Mix)

 

=LP C面=

11. ニケの小舟

12. YEBISU/Yellow #2.

 

=LP D面=

13. Yorokobi-No-Koe

14. エンドルフィンのゆく先 (Original Edit)

15. 電子ニューロン回路の舞踏 (First Mix)

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE