ENG JPN

100 gecsのDylan BradyによるプロジェクトCake Popが復活

アルバム『Cake Pop 2』から先行シングル

 

 

Charli XCXやRico Nastyの楽曲を手掛けるプロデューサーとして活動しながら、Laura Lesと共に100 gecsのメンバーとしても活躍するDylan Bradyが、自身が中心となるプロジェクトCake Popを再始動した。

 

今回、2015年のセルフタイトルEPに続く新曲「Black Rum」をリリース。今回のシングルではLewis Grant、Ravenna Goldenをフィーチャーしており、他にもこのプロジェクトにはAaron Cartier、Pritty、Robel Ketema、Kevin Bedford、Adam Newcomerが参加している。100 gecsの活動や数々のプロデュースワークなどを経て前作よりも進化したプロダクションは、Dylan Bradyの最新モードが反映されているのだろうか。

 

Dylan Bradyがコンセプトを担当し、Weston Allenが監督を務めたMVも公開。5月14日には今作をオープニングトラックとした10曲入りのアルバム『Cake Pop 2』がリリース予定。

 

 

 

Cake Pop – Black Rum feat. Lewis Grant & Ravenna Golden

Label : Mad Decent

Release date : 30 March 2021

Stream : https://maddecent.ffm.to/blackrum

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/04/01

AVYSS GAZEとK/A/T/O MASSACREによるハイブリッド・コラボパーティーが開催

リアル、バーチャル、ARが重なり合う more

2021/03/26

奇妙で魅惑的なSmerzのサウンド

最新アルバム『Believer』でコテージコア、テクノラスト、2000年代のラップを融合 more

2021/03/17

留置所を経た唯一無二のスカム・ミューズ|Yoyouが、1st EP『PISS』をリリース

生活と感情、白昼夢のような虚構
 more