ENG JPN

ブライトンのポストパンクバンドSquidがWarpとサイン|新曲「Sludge」をリリース

Dan Careyプロデュース

 

 

UKブライトンのポストパンク・バンドSquidが、UKの名門エレクトロニック・レーベル〈Warp〉と電撃契約を発表。発表に合わせてニューシングル「Sludge」をリリース。

 

現代に昇華された落ち着きのないポストパンク/ディスコファンクサウンドは、イギリスのツアーでもチケットがソールドアウト続出するなどSorryなど共にUK新世代の波を代表する存在。今回の楽曲のアイデアはWireのサポートアクトとしてサウンドチェックをしていた時に着想を得たという。パーカッシブさが増し、実験性と遊び心を放棄することないそのマインドで、バンドの新章の幕が開ける。プロデュースはTame Impala、Toy、Yeasayer、Bloc Partyなど、多くのバンドを手がけるベテランプロデューサーDan Careyが担当。

 

link : http://squidband.uk/sludge

 

 

 

■ Squid

ブライトンで結成された、オリー・ジャッジ (ドラム & リードボーカル)、ルイス・ボアレス(ギター&ボーカル)、アーサー・レッドベター(キーボード、弦楽器、パーカッション)、ローリー・ナンカイ ヴェル(ベース&ブラス)、アントン・ピアソン(ギター&ボーカル)から成る5人組バンド、スクイッド。

アデルやサム・スミス、ハイムなどのトップスターたちを輩出してきたBBC【Sound of 2020】にも選出され、現在予定されているイギリスツアーは完全にソールドアウトとなるなど、ブラック・ミディやソーリーらの登場で勢いを増す次世代UKインディ/オルタナ・シーンの中でも、最大級の注目を集める彼らが〈Warp〉との電撃契約を発表!合わせて〈Warp〉からの初リリースとなる新曲「Sludge」をリリースした。

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE