ENG JPN

煩悩から解脱する6時間|Seihoと陳暁夏代による「NOBODY」が年越しの心光院本殿にて開催

12月31日開催

 

 

おでん屋、DJ、アート、着物、様々な要素が融合したイベント「NOBODY」。今年11月に開催され、一夜限りと思われたイベントが大晦日に復活。

 

今回は、浄土宗の心光院にて開催。新年の幕開けを記念して、2019年のすべての煩悩を除夜に乗せて解脱するべく、Seihoが6時間に及ぶスペシャルロングパフォーマンスを行う。

 

——————————–

 

NOBODYによる「除夜の鐘」の再解釈。欲望、怒り、執着、妬み、恨み。仏教では、人には108もの煩悩があると考えられてきました。その煩悩を祓うためにつく除夜の鐘の回数は、108回。除夜の鐘には、僧のように厳しい修行を積んでいない一般の人々の心の乱れさえも祓う力があるとされ、今日まで大晦日の儀式として続いてきました。そんな日本の伝統との融合を図ります。

 

イベントにご協力頂いた心光院境内には、国登録有形文化財の表門と本堂があります。今回はNOBODY開催に合わせ、特別に通常非公開の本堂内部をライトアップ公開します。心光院に古く伝来している本尊は、日本で唯一光背にステンドグラスをもつ、優美な阿弥陀如来坐像。堂内に流れる音楽とともに、ゆっくりご鑑賞ください。表門と庭園もライトアップするので、境内の港区登録文化財の「お竹大日如来の流し板」を祀る於竹堂、また現世利益の象徴として親しまれる竜王堂も参観いただけます。

 

NOBODYと共に輝く一夜限りのパフォーマンスや飲食、そして滅多に見られない本堂のライトアップを是非お楽しみください。すべての煩悩から解脱する6時間。過ぎ行く一年を振り返り、来たるべき新年が素晴らしい年でありますように、あなたらしい一年の出発を。

 

皆様のご来院、心よりお待ちしております。

 

 

 

NOBODY

令和元年12月31日

場所:浄土宗 心光院(東京都港区東麻布1-1-5)

開門:2019/12/31 23:00

閉門:2020/1/1 5:00

入場料:無料

 

Seiho -6h Long Set Special Performance-

 

アクセス:https://shinkoin.com

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2020/07/13

Crossfaith Koie × Jin Dogg interview

ストレートな怒りが巻き起こす現代版ジャッジメントナイトの舞台裏
 more

2020/06/30

AVYSS GAZE vol.3の仮想ナイトクラブが公開|新たなドネーションアイテム受注開始

7月5日開催 more

2020/06/26

PURE VOYAGE interview

本日、Le Makeup『微熱』がリリース more