ENG JPN

SkyraがDarcy Baylisプロデュースで来春デビュー

鳥取県在住のSkyraが来春デビュー曲をリリース。プロデュースはDarcy Baylis。

 

Photo by Takahiro Waraya

 

日本のどこ住んでいて、どこを拠点にしているという紹介は必要か。こういう人にとっては必要ではないかもしれない。鳥取県在住のSkyraは来春シンガーとしてデビューを予定している。

 

プロデュースはオーストラリアのプロデューサー/シンガーのDarcy Baylisが手がけている。Darcy Baylisは昨年デビューアルバム『Intimacy & Isolation』をリリースしており、アルバムでは幅広いクラブミュージックを表現しているが、今年リリースされたシングルに関して言えば、GOTHBOICLIQUEやMisery Clubのようなギターのアルペジオが乗ったトラップが増えている。それこそ、fish narcやYAWNSのような感触。実際にMisery ClubのZubinを客演に迎えた曲も今年リリースしている。

 

 

Skyraはデビュー曲の後も、大きな展開を用意しているようだ。期待したい。

 

View this post on Instagram

2019 Skyra Season🌨✨ Photo @tacka_hero

A post shared by Skyra🌨✨ (@imaboyskyra) on

 

また先日Lil TracyのマネージャーNick Blancoとインスタのビデオトークでミーティングを行ったようだ。

 

 

Horse Head、Zubin、Yawnsというメンバーで発表された『nick’s song』はNick Blancoのことを指している。

 

category:NEWS

tags: /

RELATED

FEATURE

2019/05/18

Hirakish interview

来日公演直前。LAのミステリアスアクトへ10の質問。
 more

2019/05/09

Koeosaeme interview

コエオサエメとオバニケシ。
 more

2019/05/07

Astma interview

彼女はチェーンソーの音を「山の叫び」と表現した。
 more