ENG JPN

Pictureplaneがニューアルバムをリリース

Pictureplaneがニューアルバム『Degenerate』をリリース。smrtdeath、Wicca Phase Springs Eternalが客演で参加。

 

 

Travis EgedyことPictureplaneを、2009年作『Dark Rift』の頃をよく知っている、聴いていた人からすると彼を懐かしいと感じる人も多いだろう。盟友のHEALTHは去年から少しづつ復活しているが、当時と比べるとだいぶ活動は落ち着いている。(しかし、Soccer Mommyとのコラボはすごく良かった。)一方で確実に近い存在だったGrimesはメジャーなフィールドで活動し、現在イーロン・マスクの彼女である。

 

彼がインスタで2011年のMOMAで開催されたイベントのタイムテーブルをアップし「今みんなはフェスのヘッドライナーだけど、自分はまだアンダーグラウンドだ。」とネタのような投稿をしていた。

 

View this post on Instagram

In 2011 I played this show at MOMA Ps1 in NYC. Every single one of these artists are like festival headliners now and I’m still on some DIY underground shit lol.

A post shared by Pictureplane (@_pictureplane_) on

 

しかし、彼自身は過去の栄光のようなものにしがみ付いているわけではない。むしろ精力的に変化を受け入れ、自身のプロジェクトを進めている。変化はサウンドというよりは環境の変化が大きいようだ。今回のニューアルバム『Degenerate』にはBoyfriendzのsmrtdeathと、GothboicliqueとMisery ClubのWicca Phase Springs Eternalが客演で参加している。元々Lil Peepの生前からこのシーンと交流があり、世代とジャンルを超えて繋がりは深いようだ。確かに彼のサウンド、自身のブランドAlien Bodyに共通するゴス、ホラー、アニメなどのテーマはGBC周辺のテーマともリンクする部分がある。

 

この世代のミュージシャンとしては誰とも違うポジションにいるといっていい。というか、今振り返ると2009年から彼は誰とも違うポジションにいた。”ウィッチハウスのパイオニア”というのも文脈的にも違和感があるし、仲の良いアーティストはいてもサウンドは最初からオリジナルだった。

 

アルバムはレコード、カセットでも購入可能。さらにTシャツやポスターがセットになったものもある。オーダーはこちらから。

 

 

category:NEWS

RELATED

FEATURE

2019/07/18

『far go』by Norihito Hiraide

CVN / Koeosaemeの北米ツアーでNorihito Hiraideが撮影した景色。 more

2019/07/16

「CVN and Koeosaeme US/CAN tour」後編|photo by Norihito Hiraide

北米ツアーを写真で振り返る。
 more

「CVN and Koeosaeme US/CAN tour」前編|photo by Norihito Hiraide

北米ツアーを写真で振り返る。
 more