ENG JPN

Yves Tumorが、James Kを客演に迎えた新曲のMVを公開

Warpとサインし、新たな方向性を示しているYves Tumorの新曲公開。

 

 

これまでもTeams、Bekelé Berhanuなどの名義を使用し様々な音楽性を示してきたSean Bowieの現在のメインプロジェクトYves Tumor。先日、Warpにサインと共に発表されたシングル『Noid』では彼のポップな側面が顕著に現れ、話題になった。そして今回リリースされた新曲『Licking An Orchid (feat. James K)』ではさらにその路線を押し進めている。客演に迎えたUNOなどのリリースでお馴染みのJames Kも予想以上にハマっている。『Noid』と同じく途中のノイズだって、耳への当たりがなんだか優しい。

 

9月にはBlood Orangeのツアーのサポートも決定している。この組み合わせ、すごくしっくりくる。詳細はこちら

 

category:NEWS

tags: / /

RELATED

FEATURE

2019/05/18

Hirakish interview

来日公演直前。LAのミステリアスアクトへ10の質問。
 more

2019/05/09

Koeosaeme interview

コエオサエメとオバニケシ。
 more

2019/05/07

Astma interview

彼女はチェーンソーの音を「山の叫び」と表現した。
 more