80〜90年代と現代に通ずる少女性|iVy & ピンキーポップが『ゆめのつづき』開催

3.31 中野heavysick ZERO

 

 

今から20年前、30年前に思いを馳せる。 走ると危ない時代。どこにいても、高い笑い声と叫び声が聞こえてくる時代。 まっすぐ自分だけの形を作ろうとしていた時代。 永遠に消えることのない女の子の部分があること。 だからこそ、ずっと美しく可憐な夢を追いかけていたい。

 

「少女の意識」すなわち少女性は性別や身体的なものでは無く、誰にだって持ち合わせて いるものである。 思い出したくない苦い頃のことも、 純粋聖霊の象徴である空想の少女が自分だと思えば、忘れられる気がする。

 

何年経っても、私の中の女の子と向き合いたい。 この1日が誰かの人生の中での、確実に女の子であった日になるように。

 

 

2024.3.31 () 中野heavysick ZERO にて、iVy & ピンキーポップで 「ゆめのつづき」 を開催。

 

今回のテーマである「少女漫画」を軸に、バンドサウンド、アコースティック演奏等を交えたLIVEDJが展開される。情熱と至福の安らぎ、あらゆる感情の光と闇が同居する。POPUP参加作家は7組。洋服、雑貨から絵の展示まで彼女達に秘められた少女のか たちを発掘できるだろう。「ゆめのつづき」は200万乙女のバイブルである少女漫画家、柊あおいの題から。あの頃の少女漫画が、大人になった私達の価値観に大きな影響を与えている。切なくなったり、じんわりとした恋心を思い出したり、 失ったり、疲れたり、たった1人で自分自身と向き合ってもいい。 実態のないものに愛があったっていいじゃない。

 

 

今回のイベントに伴い、会場限定で “ZINE『ゆめのつづき』わたしたちの心の中に少女はいる。少女性の追求・究極のMagazine– “ を発売予定。

 

80年代『ティーンズロード』から『りぼん』『FRUiTS』等の少女コミック誌やファッション雑誌からインスピレーションを受けて制作。各アーティストのインタビュー、対談、 多方面に渡る活動家達の寄稿、写真作品や、イラスト等をまとめた一冊になっている。彼らの思う『少女性』は、きっと一つに絞られたものではなく希望であったり、空想世界 であったり、はたまた自身を脅かしてきたものでもあるだろう。性別や身体、年齢とは違う人々の中に眠る少女の姿。少女について具体的な定義を決め提唱するのではなく、参加者各々が辿ってきたもの、大切にしているものを見つめて並べる。今回のZINEの参加者である彼らが1人部屋で、机(己)と向き合い一筆している姿を思い浮かべながら手に取って欲しい。

 

 

 

少女Magazine ゆめのつづき 目次

 

巻頭カラー 梓義朗

 

『僕達・私達の心に少女』寄稿

宮坂遼太郎/わがつま/Dirty Dirt/森あかね/iVy/ピンキーポップ/胃下舌ミィ

 

『お話聞かせて!秘密の対談

perfect young lady×pnnikn

 

『はぁとみっくす』

誰もが自意識&

匿名ポエムコーナー

 

Wanna know what’ in myhead?

気になるあの人達に聞いてみた。トキメキを再び。少女を語る〇〇

梓義朗/alien.melissa/ろくようび/ion100/喫茶閃光/Kenji/坂口喜咲/seaketa/Tokiro/ NordOst/perfect young lady/pnnikin/Hoach5000/雪路♣fanfan/にゃあど

 

『大解剖プロフィール』

ゆめのつづき各出演者の手描きプロフィール帳♪

 

『彼女達は東京で何を思う?ロングランインタビュー』

cocoa/momonesuko/まゆぴ

 

『オオツカ君の恋の話についてみんなでマジメに聞いてみましょう』

 

『パパママおばあちゃんの書き下ろし漫画付き』

 

 

『ゆめのつづき』

✿✿✿

【日時】2024.3/31 sun

Open17:00 Start17:30

【チケット】¥2500+ワンドリンク

取り置き>shakeneko1010@gmail.com

【場所】中野heavysick ZERO

✿✿✿

 

LIVE

Hoach5000

perfect young lady

momonesuko

坂口喜咲

iVy

 

DJ

cocoa

pnnikn

 

SHOP

ピンキーポップ

喫茶閃光

梓義朗

あの猫

I/O/N

雪路♣fanfan

akaruitokoro

✿✿✿

ZINE『ゆめのつづき』 限定発売

わたしたちの心の中に少女はいる。

少女性の追求・究極のMagazine

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/04/12

「森、道、市場 2024」にてAVYSSプレゼンツ「AVYSS Pack」が開催

5月25日 MORI.MICHI.DISCO.STAGE (遊園地エリア) more

2024/04/08

私達と友人の為の超解放安全空間を目指して|SUBCULTURE interview

レイヴ好き少年2人による幻想成長物語
 more

2024/04/02

『Epoch』を巡るPhoto Dialogue|松永拓馬 interview

自宅、機材、本、母校、シークレットレイヴ
 more