永遠に浮遊する錯覚|CORINが2ndアルバム『Lux Aeterna』を発表

グレゴリオ聖歌ポストクラブトランス

 

 

2枚目のアルバム「Lux Aeterna」で、CORINは感覚を持つ存在としての音のアイデアを探求する。ラテン語で「永遠の光」を意味するこのタイトルは、映画「2001年宇宙の旅」でモノリスが月面で発見されるシーンで登場するGyörgy Ligeti(20世紀の作曲家)の合唱作品にちなんでいる。

 

CORINは、György Ligetiのミクロポリフォニー(音のクラスターがゆっくりと融合し、アモルファスな雲のような形を作り出すツール)にインスパイアされた。グラニュラーシンセシスにより、サンプルは不明瞭な部分を超えて、変異するエイリアンテクスチャーに歪められ、弦やボーカルのハーモニーのクラスターは再び群れになって現れる。演劇とサウンドデザインのバックグラウンドを持つCORINは、音を重力としてとらえ、浮遊して虚空に分解する、あるいは永遠に浮遊するような錯覚を。

 

SFサウンドトラックに対するCORINの深い造詣は「Lux Aeterna」において最も感じられる。天空のオペラのように、恍惚としたトランスが神聖な典礼の文脈で再構築され、リアルなサウンドスケープとグレゴリオ聖歌、中世の楽器を融合させた。CORINは、大胆な広がりと深い脆弱性、疎外感の瞬間を行き来する。「Sunta」の歪んだパーカッションは、異質な言語の詠唱によって中断される擬似アルカイックな成文化された儀式のように鳴り響く。「Vīsiōnem」と「Extasis」は、クラブの領域、恍惚とした産業トランスへと私たちを誘う。極端に言えば、壊れた子守歌のようであり、機能不全に陥ったアンドロイドのため息のような合唱のよう。「Illumina」でクラシックのバックグラウンドを生かし、メタリックなテクスチャーと哀愁のある繊細なピアノの即興演奏を織り交ぜる。

 

Tristan Jallehが手がけたビジュアルでは、アンドロイドの幻影、渦巻く歩哨、空間に浮遊する破片、一瞬の形成と深淵への再崩壊が描かれる。Wei Huangはノーム(初期表記法)を使用し、グリフを再構成して古風なコードを作り出す。

 

 

 

CORIN – Lux Aeterna

Label : UIQ

Release date : July 14 2023

Single : https://orcd.co/pnbdajw

 

Tracklist

1. lumen naturae

2. sunta

3. miserēre

4. vīsiōnem

5. arx

6. extasis

7. illumina

8. lux aeterna

9. trānsīre

 

Written, recorded & produced by Corin Ileto

Mastered by Rashad Becker

Piano for ‘Illumina’ recorded at Phoenix Central Park

Artwork design and typography by Wei Huang

Front cover photo by Joshua Hourigan

Back cover photo by Tristan Jalleh

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2024/06/14

「AVYSS + 鬼車」&「AVYSS + HANBEE」のコラボTシャツが発売

日本アニメ文脈とクーデレ(緑)天使
 more

2024/06/12

仕組みの外で居場所をつくる|Interview with 雪国 x 投擲 x One Boiling Point

6/15 投擲vol.7 at SPACE
 more

2024/06/11

AVYSS Circle 2024 photo report

長い一日をランダムに振り返る more