ENG JPN

エルフの方言フォーク|Kosaya Goraがデビューアルバム『Kosogor』を発表

Kedr Livanskiy + Flaty

 

 

エレクトロニック・プロデューサー/シンガーであるKedr Livanskiyと、プロデューサー/ヴィジュアル・アーティストのFlatyによるインディ・プロジェクト、Kosaya Gora(英訳;Oblique Mountain)が、初のフルアルバム『Kosogor』のリリースを発表。『Kosogor』は、二人にとって全く新しいサウンドの方向性を示す。Kedr Livanskiyの特徴的な催眠的なボーカルと共に、インディフォーク、ドリームポップ、ムーディーなシンセを多言語で表現している。

 

アルバムのレコーディングは、2人が故郷ロシアの人里離れた村々を移動しながら、モバイルスタジオで行った。「ある場所には、森と墓地と廃墟となった教会しかなかった」とKedr Livanskiyは回想している。「私たちが住んでいた木造の家は築120年で、その精神はいくつかの曲に刻み込まれています。」

 

 

「Motorcyclists Die」には、アメリカの詩人J. Blake Gordonの詩「so what」の数行が使われている。”この曲は、死とこの世の存在の有限性というテーマについて考察したものです。潜在意識の暗い道を歩くようなものです」とKedr Livanskiyは説明している。

 

過去に互いのソロ・エレクトロニック・プロジェクトで一緒に仕事をしてきた(FlatyはKedr Livanskiyの『Your Need』を共同プロデュースし、彼女の最新アルバム『Liminal Soul』にフィーチャーしている)2人は、2020~21年の実験期間に新しい領域を模索していることに気がついた。「隔離が来たとき、瞑想的なものに没頭することが重要になった。そこで、意図的なアイデアなしにジャムってみたところ、とてもうまく簡単にアレンジできることがわかったんです。」とKedr Livanskiyは説明する。

 

セッションはあらゆるところからインスピレーションを得た。そのプロセスを、Jean-Michel Basquia、Michael Holmanがプロではないミュージシャンやアーティストからなる実験バンドになぞらえた。その結果、『Kosogor』には60年代のサイケデリック・フォーク、カントリー、エレクトロニカ・テープ、00年代や90年代のインディーやトリップ・ホップ、ダブなどの響きが盛り込まれている。これらのタッチポイントは、両者のソロ作品のファンにとっては新鮮かもしれないが、Kedr LivanskiyとFlaty自身にとっては、ロシアのアンダーグラウンド音楽シーンを横断して過ごした青春時代のエコーとして、深く馴染んでいる。

 

伝統的なフォークギターがムーディーなシンセサイザーや90年代風のディストーションとともに渦巻いていく。「V Pole Na Vole」はアップビートで感染力のあるメロディーとグリッチなエレクトロニクス・プロダクション、「Musika Voln」はダンサブルなトリップホップ・ビート。Kosogor』に収録されている曲はどれも時代間を行き来しているようで、巧みでなければめまいがしそう。古代の民話、18世紀のドイツの詩、アメリカの詩を引用した歌詞が、時代を超えた感覚を強調している。別世界のような「Empty Realm」は、Kedr Livanskiyが「夢の言語」と表現するエルフの方言で書かれており、完全に創作された言語でもある。

 

両者のソロ作品同様、Kosaya Goraの音楽はカテゴライズに抵抗し、一見相容れないように見える要素を洗練された全体像にまとめ上げている。この緊張感はデザインによるもの。Kedr Livanskiyはアルバムのムードを「一方では霧がかかっていて陰鬱であり、他方では光がある」と表現している。都会に住んでいた頃の活気あるサウンドと、移動スタジオで訪れた森や小さな町の古風な雰囲気の両方を取り入れた『Kosogor』は、新しいグループであり、不思議と時代を超えた魅力的なデビュー作となった。

 

 

 

Kosaya Gora – Kosogor

Label : 2MR

Release date : March 17th 2023

Pre-order : https://2mr.lnk.to/Kosogor

 

Tracklist

1. Kajdoe Novoe

2. Tell Me Dove

3. Lesnoi Tsar

4. Muzika Voln

5. V Pole Na Vole

6. Empty Realm

7. Te Slova

8. Motorcyclists Die

9. Voy Veter

10. Dust

11. Dorogi Freestyle

12. Miliy

13. Dust Instrumental (Digital Bonus Track)

14. Flute Skit (Digital Bonus Track)

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2023/01/16

理性が焼き切れる瞬間まで|FELINE interview

1/20 SPREADにて初ワンマン開催
 more

2022/12/27

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.3

2022年印象に残った5作品 more

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.2

2022年印象に残った5作品 more