ENG JPN

TAMAGOTCHI MASSACREがトランスフォビックトラウマを「fantasy」で解き明かす

ゲームボーイの世界へ

 

 

2020年の春、LAに住むCleo McKenzieは古いラップトップとトランスフォビアに対する怒りを抱えてベッドルームに閉じこもった。その結果、煌びやかな夢のポップ、ときに歪み切ったパワーポップリフを兼ね備えたTAMAGOTCHI MASSACREが誕生したのである。

 

20歳のCleo McKenzieは、医学的に移行を始めてから2年が経つ。その間に、彼女の日常生活の負担は重くなるばかりだった。食生活の乱れ、世間/社会からの嫌がらせ。Cleo McKenzieは、自分の外見、セクシュアリティに悩むようになった。かつて自分があこがれたシスノーマルな女性像が、自分を徐々に殺していることに気づく。以前、解放感と興奮を与えてくれたお気に入りのドレスは、無骨な囚人服のように感じるようになった。自己表現のためにしていた化粧もトランスフォビックの暴力に対抗する盾となる。かつては明るくカラフルだった未来が、徐々に失われ、歪んでいった。

 

Cleo McKenzieは、TAMAGOTCHI MASSACREとしてこれらの経験を音楽に注ぎ込む。今を生きるトランスウーマンのその姿に胸が張り裂けるような物語を紡いでいく。

 

Anamanaguchiの8ビットワールドと8485のエモーショナルな歌声に触発された「fantasy」では、いつものノイジーなパワーポップリフはお預けとなった。もちろんこの曲には物語がある。この曲は彼女がホールフーズのトイレでトランスフォビック・ハラスメントに直面した数週間後に書かれた。自信喪失と不安、複雑な心境を描いている。私たちが長い間忘れていたゲームボーイのあのタイトル、自分の変遷(と存在)をゲームに落とし込む。努力さえすれば勝てるゲームとして描く。彼女の声はデジタル処理によって実体はなく、柔らかく揺らめくリフレインとして存在し、彼女は現実社会と幻想的なおとぎ話を並列をさせた。

 

 

 

TAMAGOTCHI MASSACRE – fantasy

Label : LIPGLOSSPARTY

Artwork by Rain Cha

Release date : 29 September 2022

on Spotify

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/12/02

Evanora:Unlimited in Tokyo – Interview

変わり続ける無形のコンセプト more

2022/11/24

AVYSSが出会いと集会をテーマにした連続プロジェクト「AVYSS Meeting」開催

ポップアップ、トークセッション、ライブイベント、グループ展
 more

2022/10/20

「AVYSS Circle」のドキュメンタリー映像公開

Hann Watanabeがディレクションを手掛けた more