ENG JPN

人流抑制化における移動をテーマにした展示「Vantage Point」が開催

TAV GALLERYが西麻布に移転

 

 

昨年6月に杉並区阿佐ヶ谷での営業を終え、移転の準備を進めてきた TAV GALLERY は、港区西麻布にて再開する。TAV GALLERY が新たに居を構えるのは、青山霊園に臨む場所であり、中沢新一の『アースダイバー』に拠れば、まさに「死霊に見守られている」と言える。そこは「洪積層」と「沖積層」のせめぎ合うところであり、いわゆる「山の手」にあたる表参道の台地から、ハイブランドのブティックが居並ぶフロムファースト通りを抜け、根津美術館脇の坂を下っていくにつれて、たしかに空気が陰湿なものに変わっていくのを感じるかもしれない。しかし、水の流れていく向きは、時の流れていく向きでもある。低く、そして新しいこの土地は、次の時代を見越すのに適した場所とも考えられる。

 

人の流れが抑制されている今、TAV GALLERY は「旅」を志向している。出かけることが困難な状況において──アームチェア・トラベラーではないが──あるいは自宅にいながら、遠く離れた場所を望むことも少なくない。そのとき私たちには、時を遡るように地層に「潜る」のではない、都市や土地に対する別のまなざしが求められているように思われる。TAV GALLERY の杮落としとして紹介するのは、3人の作家たちによる、新しい「旅」のありかたを象徴する作品である。

 

山形一生は、3DCG を用いた作品によって、現実を参照するものとしてでも、はたまた虚構としてでもなく、それ自体として経験されるイメージの流通について問うている。現在、人や物の移動が制限されるのに対し、海にも喩えられるインターネットでは──「潜る」というより、表面をなぞるように──「サーフィン」するというしかたで「世界中」をめぐることができる。「旅」をモチーフに採った《Fasten your seat belt》では、そうした「遠隔地」のバーチャルなありかたを提示した。

 

水木塁は、かつてスケートボーダーでもあり、道路という都市の皮膚に視線を落としつづけてきたアーティストである。写真集『HOME BREWER』において、コロナ禍による自粛のなかで “自家醸造” した新しい都市観の表現を試みるなど、近作においては、地面に圧着された雑草などの植物に注目し、都市というシステムにおける自然と人為の関係を追究している。

 

山縣瑠衣は、今日における地図に着目し、人工衛星からの俯瞰的な視点がもたらす「地面」という幻想的な経験について考察している。Google Map で見られる、なにかが動いた痕跡のような模様を「地表の掻き傷」と称して収集することを通じ、地平線のない、遠近法の解体された、新しい「風景画」を模索したり、主客が二重化する視線のありかたに関する制作を行っている。

 

3人の作品は、深層ではなく表層を志向する点や、俯瞰の視点、遠出することが難しい状況を反映した点などにおいて交叉している。TAV GALLERY は、不安定な時代においてアーティストたちが示す展望を共有し、新たな拠点を公共的な未来へのヴァンテージ・ポイントとする。

 

飯盛 希

 

 

名称:Vantage Point

会期:2022年5月4日(水・祝)- 5月21日(土)

会場:TAV GALLERY(東京都港区西麻布2-7-5 ハウス西麻布4F)[080-1231-1112]

時間:13:00 – 20:00

休廊:日曜、月曜

出展作家:水木塁、山形一生、山縣瑠衣

企画:飯盛 希

レセプションパーティ:2022年5月4日(水・祝)18:00 – 21:00

http://tavgallery.com/vantage-point/

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE