ENG JPN

88risingが宇多田ヒカル参加のEP『Head In The Clouds Forever』をリリース

さらなるサプライズも

 

 

コーチェラ・フェスティヴァルのメイン・ステージを飾った<Head in the Clouds Forever>には、CL、そしてこの夜に復活を遂げた2NE1のメンバーに加え、Jackson WangやRich Brian、NIKIといったレーベルの人気アーティストらが続々と参加。そして、日本からは音楽フェスには初参加となる宇多田ヒカルが登場。グローバルに活躍するアジア系アーティストが集合した一夜となった。コーチェラ・フェスティヴァルの歴史において音楽レーベルがメイン・ステージの出演アーティストのキュレーションを行うことも史上初。

 

パフォーマンスが終了した直後、88risingからは宇多田ヒカルも参加した新作EP『Head In The Clouds Forever』がリリースされた。

 

 

世界最大級の音楽フェスとして知られるコーチェラ・フェスティヴァル(正式名称はコーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル)。カリフォルニア州インディオの砂漠地帯、コーチェラ・ヴァレーで二週間にわたって開催され、世界中の音楽ファンが集まる巨大音楽フェス。

 

今年、2022年4月16日、88risingはコーチェラ・フェスのメイン・ステージにおいて<Head In The Clouds Forever>と題したパフォーマンスを開催。88risingはアジア系のカルチャーを知らしめるべく設立されたメディア・カンパニー。音楽レーベルとしても知られており、アジア系アーティストをまとめる存在としても認知されている。砂漠が広がる夜空の下、88risingの呼びかけによって各国から世代を超えたアジア系のアーティストが集い、忘れられない一夜限りのパフォーマンスを行った。80分に及んだ<Head In The Clouds Forever>は、音楽レーベルがキュレーションを担当したコーチェラ・フェスティヴァル史上初のパフォーマンスでもあり、出演したアーティストらの魅力を余すことなく伝えたのだった。

 

今回の見どころとなったのは、世界中から集った世代を超えたアーティストたち。もちろん、その全てがアジア系のアーティスト(以下、出演順)。Warren Hue(インドネシア)、MILLI(タイ)、BIBI(韓国)、NIKI(インドネシア)、Rich Brian(インドネシア)、宇多田ヒカル(日本)、Jackson Wang(中国)、そしてCL & 2NE1(韓国)といったアーティストが集結。ステージでは、参加アーティストによる新曲もお披露目された。この一夜を記念して、フェスのステージと同名の3曲入りEP『Head In The Clouds Forever』をリリース。本EP には宇多田ヒカルとWarren Hueによる”T”、Rich Brian & BIBIが参加した”froyo (feat. Warren Hue)”、そして、BIBIによる”Best Lover”が収録。

 

コーチェラ・フェスでのステージに加えて、88risingは週末を盛り上げるパーティー「Cloud Mansion」も開催予定。スポンサーとなるのは、Honda、Amazon Music、Johnnie Walker、そして88risingが新たに手がける飲料水ブランドのYear Of。コーチェラ・フェスの2週目には、さらなるサプライズも用意されているとのこと。

 

 

VA – Head In The Clouds Forever

Label : 88rising

Release date : 16 April 2022

Stream : https://88rising.lnk.to/HITCForever

 

1. “Best Lover” – 88rising, BIBI

2. “froyo” (feat. Warren Hue) – 88rising, BIBI, and Rich Brian

3. “T” – 88rising, Hikaru Utada, Warren Hue

 

 

Head In The Clouds Forever セットリスト

– Intro

– Freestyle #4 (Warren Hue)

– RUNAWAY W ME (Warren Hue)

– HANDSOME (Warren Hue)

– Demo Star (Warren Hue)

– Lazy Susan Freestyle (MILLI)

– Mirror Mirror (MILLI)

– Sudpang! (MILLI)

– Mango Sticky Rice (MILLI)

– Bad Sad Mad (BIBI)

– Kazino (BIBI)

– The Weekend (BIBI)

– Best Lover (BIBI)

– Intro (NIKI)

– Drive On (NIKI)

– Sempurna (NIKI)

– Split (NIKI)

– Gospel (Rich Brian)

– Froyo (Rich Brian)

– Glow Like Dat (Rich Brian)

– Drive Safe (Rich Brian)

– Vivid (Rich Brian)

– Simple and Clean (HIKARU UTADA)

– First Love (HIKARU UTADA)

– Face My Fears (HIKARU UTADA)

– Automatic (HIKARU UTADA)

– 100 Ways (Jackson Wang)

– Cruel (Jackson Wang)

– Blow (Jackson Wang)

– California (Warren Hue, Rich Brian, and Jackson Wang)

– T (HIKARU UTADA)

– Spicy (CL)

– Chuck (CL)

– Hello Bitches (CL)

– I’m The Best (2NE1)

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/05/16

Luby Sparks interview

深化するオルタナティヴ、ロックバンドが向かう未来 more

2022/04/26

“速さ/早さ” をテーマにした賞金争奪バトルパーティ「AVYSS Cup」開催

勝者は会場のお客さんがジャッジ
 more

2022/04/19

AVYSSのコラボアパレルシリーズ新作が発売開始

Telematic Visions、Yoyouとコラボレーション more