ENG JPN

音楽との出会いで失ったもの|ネットでは聴けない匿名コンピ『UNEARTHED』発売

私達を導くアルゴリズムに対抗する

 

 

Lokadは少なくともあなたの耳を信頼する。

 

カリフォルニア州サンフランシスコにあるレコードショップ「RS94109」の共同オーナーWhitney Smithによるエレクトロニック・ダンス・ミュージック・レーベル〈Lokad Records〉より、コンピレーション作品『UNEARTHED』が4月1日にリリースされる。レコードのみ、リプレス無し、デジタル配信無し、絶対にオンライン上では聴くことはできない。RS94109の定期購読者は予約可能で、残りは4月1日からオンラインストアで販売予定。

 

音楽を追求/探究することは、とても簡単になった。音楽を探すために席を立つ必要はない。私たちは、複雑なアルゴリズムに導かれて、自分たちが好きだと判断したものを消費している。アーティストやジャンルを検索すると、おすすめのアーティストが表示される。提案されたアーティスト、楽曲の再生回数、コメント、いいねの数、友人が聴いているかどうか、それらをもとに、聴くかどうかを判断する。プレイリストからプレイリストへ、マシンによって導かれていく。

 

「私たちは、音楽との出会いの中で、何を失ってしまったのだろうかと自問している。」

 

『UNEARTHED』は、Lokadがこの問いをきっかけにリリースするヴァイナルのみの限定版シリーズの第一弾作品。300枚のレコードがプレスされ、デジタル・リリースはなく、リプレスもない。収録されるアーティストは匿名。ジャンルではなくテーマによって、キュレーションされた場合に何が可能かを再想像するためにデザインされた。最初のテーマは発掘。

 

収録アーティストは細心の注意を払って選ばれており、彼らでさえも他の誰がこのコンピレーションに参加しているか知らない。伝説的なアーティスト、新進気鋭のアーティスト、そしてまったく無名のクリエイターによる楽曲が、毎回リリースされる。もしアーティストが誰なのかを教えたら(絶対に教えない。)、あなたはきっと感動するだろう。招待されたアーティストは1トラックを貢献しており、別名で参加している。

 

Lokadは、参加アーティストに何かを発掘してくれるようお願いをした。もしかしたら、15年以上前に作られたかもしれない。ある感情や体験にインスパイアされたトラックが、光に照らされる。Lokadは彼らにテーマを与え、彼らはそのテーマの解釈に基づいて自由にトラックを選んだ。

 

 

Lokad 01 – Unearthed

Label : Lokad

Release date : 1st April 2022

6 tracks (+ one hidden track)

300 pressed. No represses

Email : whit@rs94109.com

 

Tracklist

A1. Follow Me – INFINITE BLISS

A2. Free All Our Minds – Mon Petit Chou

A3. Umbral Shadow – Aesma

B1. Flashback Mountain – The 80s Boy

B2. Untitled – Unknown

B3. Can’t Be Wrong – DJ Double Digits

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/05/16

Luby Sparks interview

深化するオルタナティヴ、ロックバンドが向かう未来 more

2022/04/26

“速さ/早さ” をテーマにした賞金争奪バトルパーティ「AVYSS Cup」開催

勝者は会場のお客さんがジャッジ
 more

2022/04/19

AVYSSのコラボアパレルシリーズ新作が発売開始

Telematic Visions、Yoyouとコラボレーション more