ENG JPN

スウェーデンSF「ANIARA」の影響|Automaticが2ndアルバム『Excess』を発表

抑制が効かない消費主義の果て

 

 

Izzy Glaudini、Lola Dompé、Halle Saxonの3人よるLA拠点のポストパンク/ニューウェーブバンドAutomaticが、2ndアルバム『Excess』のリリースを発表。リードシングル「New Beginning」をMVと共にリリース。Ambar Navarroが映像を手がけている。

 

70年代のアンダーグラウンドと80年代の企業文化が出会う想像上の端境期。「New Beginning」は、スウェーデンのノーベル文学賞受賞作家Harry Martinsonの代表作『ANIARA』を実写化した同名のSF映画にインスパイアされている。富裕層が有人宇宙旅行/移住に目を向けている時代に、焦土の惑星を捨てて「より良い場所」を探すという希望に疑問を投げかける。「欲望のために/私たちは遠くへ旅立つ」。抑制が効かない消費主義が行き着いた果てに「虚無と孤独」を想像する。

 

 

 

Automatic – Excess

Label : Stones Throw

Release date : 24 June 2022

Bandcamp : https://automatic-band.bandcamp.com/album/excess-2

 

Tracklist

1. New Beginning

2. On the Edge

3. Skyscraper

4. Realms

5. Venus Hour

6. Automaton

7. Teen Beat

8. NRG

9. Lucy

10. Turn Away

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2023/01/16

理性が焼き切れる瞬間まで|FELINE interview

1/20 SPREADにて初ワンマン開催
 more

2022/12/27

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.3

2022年印象に残った5作品 more

AVYSS ENCOUNTERS 2022 vol.2

2022年印象に残った5作品 more