ENG JPN

孤独の為の90sトランス+アンビエント|Courtesyがデビュー作『Night Journeys』を発表

深夜の静かな絶望のためのデザイン

 

 

不眠症には光沢がある、不義理な夜中、孤独の生々しさ。2020年の春、ベルリンで最初のロックダウンが行われたとき、Courtesyは慢性的な不安の発作で朝の4時に起き、シンセサイザーでコードを弾いて頭をすっきりさせていた。そして、睡眠を誘うためにメロディーを作り、音楽理論の勉強を深めていった。この作品は、Lee Krasnerが夫のJackson Pollockを亡くした後に描いた一連の作品にちなんで名づけられた。「彼女は眠れず、夜中にこれらの抽象画を描きました。」とCourtesyは語る。

 

Courtesyのデビュー作であるアンビエント・トランスEP『Night Journeys』は、彼女が2018年に設立した、音楽と現代アートの世界を横断するレコード、書籍、プログラミングをプロデュースするレコードレーベル/アートプラットフォーム、〈Kulør〉から3月25日にリリースされる。

 

10年以上にわたってDJとしてのキャリアを積んできた彼女は、「ようやく言いたいことができた。」という地点に到達した。「そこまで到達しないと、制作に飛び込む意味がない。その過程では、果てしない掘り下げとリサーチが必要だった。DJセットでは、テクノのトラックにパッドを重ねて、自分が思うムードを作り出していました。」そして、彼女は90年代のトランスに惹かれていく。

 

EPの中には、Sash!の「Stay」のエアリーなボーカルや、L.S.Gの「Hearts」など、90年代の痕跡がある。「Night Journeys」を通して、Otto Vik Mathisenが奏でるモジュラー・アルペジオに高音パッドが重ねられている。「Night Journeys II」ではSophie Joeのヴォーカルが布を膨らませるように響く。「Night Journeys III」では、Luka Aronが奏でる、幻覚のように鮮明で遠いギターが現れる。また、5月5日のBerghainのメインルームを皮切りに、Courtesyのデビューライブツアーが行われるとのこと。『Night Journeys』は、Courtesyの深夜の静かな絶望のためにデザインされたナハトムジークを象徴している。

 

 

Courtesy – Night Journeys

Label : Kulør

Release date : 25 March 2022

Bandcamp : https://kulorco.bandcamp.com/album/night-journeys-kul-r-011

 

Tracklist

1. Night Journeys I

2. Night Journeys II

3. Night Journeys III

4. Night Journeys IIII

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2022/05/16

Luby Sparks interview

深化するオルタナティヴ、ロックバンドが向かう未来 more

2022/04/26

“速さ/早さ” をテーマにした賞金争奪バトルパーティ「AVYSS Cup」開催

勝者は会場のお客さんがジャッジ
 more

2022/04/19

AVYSSのコラボアパレルシリーズ新作が発売開始

Telematic Visions、Yoyouとコラボレーション more