ENG JPN

穏やかで不吉な天気|Yeong Dieが新作EP『WEATHER Z』をリリース

6つの天気図の風景

 

 

韓国・ソウルを拠点に活動するYeong Dieが、〈Psychic Liberation〉より新作EP『WEATHER Z』をリリースした。

 

ある日、WEATHER Zになった。Yeong Dieは6つの風景を集める。大小のフレームの中で起こっていることは、反抗的でもなく、特に明るいものでもない。物事とは、例えばこんな風景のこと。二酸化炭素が緻密に大気を侵食していく。みんなが寝ている間に鉱山労働者が何かを掘り出している。硬貨が次々と空中から落ちてくる。やがて決定的な事件が起こる。高周波の電波が絶え間なく空中を飛び交い、赤ん坊がつぶやく。土地の下にはもう十分な資源が残っていない-などなど。一見すると平和なはずの光景が、大惨事の序章にふさわしい。

 

しかし、この穏やかで不吉な天気の中には、いたずらをする者が隠れている。深刻な雰囲気になりそうな時には、注意喚起するためにコインを投げたり、リスナーを安心させるために子供を連れてきたりする。いつ崩れてもおかしくないWEATHER Zを、わからない表情で見つめるYeong Dieは、その世界のジョークを消そうとはしない。宙に浮いたドローンのような音、超指向性スピーカーから発せられたような、方向性のはっきりしない遠くに飛ぶ波、金属音とともにどこかに落ちていく鋭い合成音。そのどれもが、軽快な躍動感の一部に彩られている。このように、WEATHER Zは世界中で動いていて、不思議とアニメーションになっているのです。

 

天気とは、さまざまな力の相互作用によって引き起こされるある種の状態のことである。気圧、風、海の波の幅、地下の鉱物、呼吸する動物や植物、さらにはミクロの世界の分子など、世界を構成する力のネットワークから天気は発生する。緻密なネットワークは、他の方法では簡単に切断されず、クラスターを形成し、次の状態に向かって進んでいく。

 

Yeong Dieは、力を実行し、操作し、合成する音楽家。天気がある種の力の複合体であるとすれば、Yeong Dieは天気を喚起する力を観察し、そこから音楽を作る。Yeong Dieが作った6つの天気図の風景の中には、今生まれたばかりの新しい天気と、それを操作する力の流れが含まれている。それは過去なのか、現在なのか、それとも未来の最後の天気なのかを見分けることは容易ではない。また、その天気がどの程度の地域性を持っているのかも不明である。言葉はまだ十分ではないものの、それらの風景がますます鮮明に見えてくることは間違いありません。

 

 

YEONG DIE – WEATHER Z

Label : PSYCHIC LIBERATION

Release date : 12 December 2021

Buy : https://psychicliberation.bandcamp.com/album/weather-z

 

Tracklist

1. KEELING CURVE

2. DIG UP DAWN

3. COIN THOUGH

4. SEVERE CASES

5. GLOBAL MONITORING

6. LOWERS

 

Produced and Recorded by Yeong Die

Mastered by Elizabeth Davis at Real Surreal Studios

Design and Layout by RJM VanDerHeyden

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE