ENG JPN

愛することによる救済|Yutaが1st EPから「Rakanka」のMVを公開

Joel Smithがディレクターを務めた

 

 

Yutaが10月8日にリリースした1st EP『Awakening』より「Rakanka」のMVを公開する。Joel Smithがディレクターを務めた。

 

「Rakanka」は、“愛することによる救済”をテーマとしている。タイトルの「Rakanka」の由来は、甘味料として使用されるウリ科の植物、羅漢果(ラカンカ)。誰にでも当然のように存在する、甘い“愛の対象”の象徴として甘味料の羅漢果を引用している。

 

MVでは、その“愛の対象”の身近な例として、尊ぶべき“恋愛”を描いた。恋人・音楽・スポーツ・ペット…これら愛するものは、永遠の存在でも当然の存在なく、また愛するものとの感情や時間の共有も、永遠ではなく当然でもない。「Rakanka」は、“愛すること”を背景とした“共有”の上にこそ負のジレンマからの解放があること、そして“愛の対象”の尊さを訴える作品である。

 

Text by kozukario

 

 

Yuta – Awakening

Release date : 8 October 2021

Stream : https://linkco.re/pdtmfSC6

 

Tracklist

1. Siren feat. Vellar skin

2. Rakanka

3. Yakumo

4. Minobu Line

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE