ENG JPN

バーチャル・アーティスト te’resaが、2ndEP『predawn』を発表

新曲「Marginal」公開

 

 

日本と中国にルーツを持ちLAでの留学経験を持つ、フォトリアル型バーチャル・アーティスト te’resaが、2nd EP『predawn』を10月20日に配信リリース。彼女のこれまで発表してきた楽曲とはまた違った一面を表現し、繊細な心情の揺らぎや、これからの季節にも寄り添った新たなメッセージを届ける作品。

 

作詞・作曲には、生音とトラックの融合を基軸とした自由なサウンドを展開するヒップホップバンドAFRO PARKERから弥之助、Boy Genius、the perfect me主宰の西村匠が参加し、新しいte’resaの世界観を彩っている。また、今作に収録される新曲「Marginal」が本日より先行配信開始。「Marginal」は初のミドルバラード。 体をゆっくりとなぞるビートと透き通る歌声で、今までの楽曲の持つメッセージとは一味違う心の狭間を歌っている。

 

さらに、フォトリアル・アーティストに特化したマネジメントを行うバーチャル・ヒューマン・プロダクション「IMAGINARY STUDIO」への所属と合わせて、海外のパートナー企業と協力し、アジア圏全般での展開を本格的に推し進めているとのこと。

 

 

te’resa – predawn

Release date : 20 October 2021

‘Marginal’ Stream : https://lnk.to/teresa_marginal

 

Tracklist

1. LINK (作詞:弥之助/作曲・編曲:Boy Genius)

2. close to you (作詞・作曲・編曲:Takumi Nishimura)

3. Marginal (作詞:弥之助/作曲・編曲:Boy Genius)

4. Inner Marker (作詞:弥之助/作曲・編曲:Boy Genius

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE