ENG JPN

300BPMタンザニア・シンゲリコンピ『Sounds of Pamoja』が発表

シンゲリ・ドキュメンタリー公開

 

 

〈Nyege Nyege Tapes〉は、世界中のフェスティバルを席巻したタンザニア発祥の300BPMに及ぶ/超えるダンスミュージックSingeli(シンゲリ)を紹介した2017年『Sounds of Sisso』に続く、シンゲリ・コンピレーション第2弾『Sounds of Pamoja』のリリースを発表。

 

数小節ごとにビートが切り替わり、ギザギザで、フレッシュで、予測不可能な今作の発表に合わせて、NTS Radioはシンゲリ・ドキュメンタリー『Singeli Sound: High Speed』を公開している。

 

 

『Sounds of Pamoja』は、タンザニアのかつての首都、ダルエスサラームから世界に向けて急速に広まったシンゲリの世界を覗き見る最新アルバム。Sisso Studiosを中心にしたコンピレーション『Sounds of Sisso』に続き、今回は2019年に〈Nyege Nyege Tapes〉からアルバム『Uingizaji Hewa』をリリースしているDJ/プロデューサーDukeによる〈Pamoja Records〉の音源を中心に構成している。前作ではプロデューサーに焦点を当てていたが、今作では〈Pamoja Records〉のMC達を紹介しており、トラックは主にDukeがプロデュースを担当している。

 

人口の約半分が15歳以下というタンザニアにおいて、シンゲリというカテゴリーも若い世代を中心に広がっている。Dukeは13歳のときに音楽制作を始め、18歳のときには〈Pamoja Records〉のスタジオを立ち上げている。そして、今作にはDukeのワールドツアーに同行したMCZOをはじめ、MC Pilato、Dogo Kibo、MC Kuke、Dogo Lizzy、MC Dinho、MC Kideneなど、19〜20歳の若いラッパー達がフィーチャーされている。

 

 

VA – Sounds of Pamoja

Label : Nyege Nyege Tapes

Release date : 17 September 2021

Buy : https://nyegenyegetapes.bandcamp.com/album/sounds-of-pamoja

 

Tracklist

1. Dogo Kibo – Pigo La Moyo

2. Dogo Lizzy ft KIDENE – Nakupenda

3. Dogo Lizzy – Angekuwepo

4. MC Dinho – Kamatia Chini

5. MC Kono – Il Jini Song Wapi

6. MC Kuke – Kwa Ajiri Yao

7. MC Kuke – Sherehe

8. MC Pilato ft MCZO – Ganja

9. MC Pilato – Mama Ashura

10. MC Pilato – Wamenichoma

11. MCZO – Ushauri Wa Bure

 

Artwork: Moroto Hvy Indstr & Lithium Beats

Mastered at Declared Sound

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/09/14

JUMADIBA Interview|自分らしく、地図を広げて

“自分だからこそできることをやる” more

2021/08/27

〈Mizuha 罔象〉がコンピレーションアルバム『Biosphere』を発表

人類誕生前の地球の記憶 / 再構築されるノスタルジア
 more

2021/08/17

RIA interview

9つのテーマについてのQ&A more