ENG JPN

CHINABOTの4周年を記念したコンピレーション・アルバムが発表

アジア全域の実験音楽にフォーカスする

 

 

アジアのエレクトロニック/エクスペリメンタルな音楽シーン、またはアーティストにフォーカスしたレーベル〈CHINABOT〉が4周年を記念するコンピレーション・アルバム『Tetra Hysteria Manifesto』のリリースを発表。

 

2020年、SUPER DOMMUNEで開催されたAVYSS GAZE、CHINABOT、Eaatern Marginsによるコラボレーションパーティーにも出演したブルックリンを拠点にするエクスペリメンタル・ラップアーティストで映像作家のOHYUNGや韓国・ソウルのDJ/プロデューサー/マルチメディアアーティストのSoma KimことArexibo、韓国の伝統音楽とクラブ要素を融合させるロンドンのプロデューサー/ヴィジュアルアーティストJaeho Hwang、タイの伝統的な音楽要素をクラブミュージックに融合し、Gabber Modus Operandiとも共振するバンコクのPisitakunに加えて、日本からSeaketa、King Rambo Sound、Dagshenmaなど参加。他にも西ボルネオ出身の実験的弦楽器製作者Juan Arminandiや、ベトナムのサイケデリック・ノイズ・メタル・ジャム・バンドRắn Cạp Đuôiなど多様なラインナップが揃い、全14曲が収録。

 

 

 

VA – Tetra Hysteria Manifesto

Label : CHINABOT

Release Date : 23 July 2021

Pre-order : https://chinabot.bandcamp.com/album/tetra-hysteria-manifesto

 

Tracklist

1. Seaketa – Ranbu

2. Rắn Cạp Đuôi – Waltz

3. King Rambo Sound – Gaia

4. Mona Evie – Demorreel

5. Pisitakun – 18.05.2010

6. Dagshenma – YoO

7. OHYUNG – funeral ft. lucy liyou

8. Ayankoko – Here’s that rainy day

9. Arexibo – 불(Flame)

10. Juan Arminandi – Potong Tanah

11. Samin Son & Vincent Laju – Pflügerstr Experience

12. Laughing Ears – Black Swan

13. At her open door – Jacu

14. Jaeho Hwang – Stop or Carry on (Feat. Soohyun & Jihwan)

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/09/14

JUMADIBA Interview|自分らしく、地図を広げて

“自分だからこそできることをやる” more

2021/08/27

〈Mizuha 罔象〉がコンピレーションアルバム『Biosphere』を発表

人類誕生前の地球の記憶 / 再構築されるノスタルジア
 more

2021/08/17

RIA interview

9つのテーマについてのQ&A more