ENG JPN

平安京のサウンドスケープを再現するアートプロジェクト「NAQUYO」が開催

ロームシアター京都にて

 

 

1200年前の京都(平安京)は、どのような音に包まれていたのか。アート×サイエンス・テクノロジーの祭典「KYOTO STEAM-世界文化交流祭-」と電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK.JP」のコラボレーションによるアートプロジェクト「NAQUYO」が、3月27日(土)平安京のサウンドスケープ(風景)をテーマにした3組のアーティストによるライブパフォーマンスと、3月28日(日)後進の育成を目的としたオーディオビジュアルワークショップをロームシアター京都にて開催。

 

平安遷都(794 年)から遡ること30 年前、平城京から遠く離れた桜島の噴火の音が聞こえたという記述が『続日本紀』にあります。それは、当時の都を包み込む音環境が、現代からはおよそ考えられないほど、清明に澄み渡るものだったことを意味しています。また、平安期に書かれた『枕草子』『源氏物語』『宇津保物語』などには、雅楽や声明、寺院から鳴る梵鐘の音や季節ごとに変わる虫の声、町の喧噪など、日常生活の中で聞こえてくるありふれた音が書きとめられています。これらも、作者たちの創造の源泉だったのかもしれません。

 

 

「NAQUYO」の第一弾として2020 年10 月に開かれた「平安京の幻視宇宙とは何か?」を考察したオンライントーク&ライブ、第二弾として同年12 月に開かれた「文学と美術史料から平安京の音風景」を探ったオンライントークに続く今回は、アーティストが平安京のサウンドスケープをテーマにしたライブパフォーマンスを披露する。MUTEK.JP 2018 で初共演したサウンドアーティストのKazuya Nagaya とトルコ出身のビジュアルアーティストAli M. Demirel のコラボレーション。MUTEK Montreal 2020 へ出演した京都拠点のオーディオビジュアルアーティストJunichi Akagawa と、京都拠点のダンスチームnouses の片割れ、山本晃ことnouseskou とのコラボレーション。そしてMUTEK.JP 2021 で初共演を果たしたことも記憶に新しいプロデューサーYuri Urano とビジュアルアーティストManami Sakamoto の組み合わせ。3月27日は上記3組が京都市内各所の寺院でレコーディングした、梵鐘の音を使用したライブ表現に挑む。平安京のサウンドスケープ、電子音楽、アンビエント、デジタルアート、コンテンポラリーダンスが組み合わさった、新しい作品になるとのこと。

 

そして、3月28日の音楽/ビジュアルワークショップでは、Ableton とTouchDesigner by Derivative 協力のもと、アートとテクノロジーの融合について理論的・実践的に学べる4 つのセッションを展開。Kazuya Nagaya による音楽制作の思考プロセスについて。次にAyako Okamura によるTouchDesigner とAbleton Live を用いたオーディオビジュアル連携の解説。加えて、京都を中心に活動するデジタル/テック・クリエイティブのコミュニティ、SPEKTRAによるクリエイティブプレゼンテーションを展開。最後は、Junichi Akagawa によるAblton & TouchDesigne を駆使して表現するNAQUYO LIVE でのパフォーマンス内容を紹介。

 

「NAQUYO」は単なる音の仮想的な再現にとどまらず、平安京の音環境を見つめ直すことにより、これまで見過ごされていた都市における音環境の重要性に光を当てていきます。そこから五感を通じて得られる何かを、未来へのヒントにして創造力を刺激し、新しい文化を耕し、育み、磨いていきます。

 

 

<ライブパフォーマンス>

名 称:NAQUYO LIVE PERFORMANCE

日 時:2021 年3 月27 日(土)18:00~20:00(開場17:30)

会 場:ロームシアター京都 サウスホール

 

出 演:

Kazuya Nagaya + Ali M. Demirel

Junichi Akagawa + nouseskou

Yuri Urano + Manami Sakamoto

 

料 金:参加無料

参加定員:200 名(先着順・小学生以上)

申込期限:2021 年3 月24 日(水)まで

申込先:KYOTO STEAM-世界文化交流祭-実行委員会事務局

https://bit.ly/3bLjP9j

 

 

<オーディオビジュアルワークショップ>

名 称:NAQUYO Audiovisual Workshop

日 時:2021 年3 月28 日(日)14:00~17:00(開場13:30)

会 場:ロームシアター京都 ノースホール

 

プログラム/出演:

Session 1:静寂の技法~過去の音、未来の静寂のために

Kazuya Nagaya(サウンドアーティスト)

 

Session 2:オーディオビジュアル基礎 – Ableton Live とTouchDesigner の連携について

Ayako Okamura(メディアアーティスト、エデュケーター)

 

Session 3:光と空間演出について

Kosei Ikeda & Toyoshi Morioka (SPEKTRA)

 

Session 4:裏から覗くパフォーマンス

Junichi Akagawa(オーディオビジュアルアーティスト)

 

料金:無料

参加定員:50 名(先着順)

申込期限:2021 年3 月25 日(木)まで

申込先:KYOTO STEAM-世界文化交流祭-実行委員会事務局

https://bit.ly/3bLtrAR

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE