ENG JPN

ソーシャルメディア中毒について|renforshortが新曲「virtual reality」をリリース

デジタル依存と日課

 

 

トロント出身の18歳のシンガーソングライターrenforshortが、昨年リリースしたデビューEP『teenage angst』に続く2nd EPから先行シングル「virtual reality」をMVと共にリリース。

 

今作は、ソーシャルメディア中毒を基にそれに伴う不安、日課、孤独、恐怖や、デジタルデバイスへの依存と葛藤について描いている。また、BeabadoobeeのデビューアルバムのプロデューサーであるPete Robertson(The Vaccinesの元メンバー)もプロデュースに参加し、アンセミックなポップロックに仕上がっている。

 

 

 

 

renforshort – virtual reality

Label : interscope records

Release date : 24 February 2021

Stream : https://smarturl.it/renafterthoughts

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/04/01

AVYSS GAZEとK/A/T/O MASSACREによるハイブリッド・コラボパーティーが開催

リアル、バーチャル、ARが重なり合う more

2021/03/26

奇妙で魅惑的なSmerzのサウンド

最新アルバム『Believer』でコテージコア、テクノラスト、2000年代のラップを融合 more

2021/03/17

留置所を経た唯一無二のスカム・ミューズ|Yoyouが、1st EP『PISS』をリリース

生活と感情、白昼夢のような虚構
 more