ENG JPN

インドネシアのガムランガバ、Gabber Modus Operandiの初期作品が復刻

口には出せない呪いの言葉

 

 

インドネシア、バリ州のデンパサールを拠点にするHaremとDJ Kasimyn(aka Aditya Surya Taruna)によるデュオGabber Modus Operandiが、2018年に〈Yes No Wave Music〉からリリースしたデビューアルバム『PUXXXIMAXXX』が、Aisha Devi主宰の〈Danse Noire〉からリイシューされる。

 

20年代のAtari Teenage Riotか、インドネシアの奥深くで鳴るガムラン・ペンタトニック・スケール?観光業が最大の産業の国であり、メインストリーム・ハウスとテクノが音楽業界の主流である国において、ガムラン、ダンドゥット、ファンコット、ジャティランをガバやブレイクコアと融合し、危険なハードコアに変換してきたGMO。今作のタイトルは、口には出せない呪いの言葉とのこと。映像が話題を呼んだ人気曲「Dosa Besar」はもちろん、オリジナルには収録されていない未発表曲3曲を含む12曲入り。新たにTeknovoidとNiels Wehrspannによってカバーアートも一新された。

 

 

 

 

Gabber Modus Operandi – PUXXXIMAXXX

Label : Danse Noire

Release date : 19 March 2021

Pre-order : https://dansenoire.ffm.to/puxxximaxxx

 

Tracklist

1. Sangkakala

2. Nyonyon Rangda

3. Kerjakaki Jawa

4. Hey Nafsu

5. Pariah

6. Jathilan Titan

7. Goroxxx

8. Pukat Harimau

9. Dosa Besar

10. Balap Liar (Exclusive Bonus)

11. Ketewel (Exclusive Bonus)

12. Melayu Boleh Neraka (Exclusive Bonus)

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/09/14

JUMADIBA Interview|自分らしく、地図を広げて

“自分だからこそできることをやる” more

2021/08/27

〈Mizuha 罔象〉がコンピレーションアルバム『Biosphere』を発表

人類誕生前の地球の記憶 / 再構築されるノスタルジア
 more

2021/08/17

RIA interview

9つのテーマについてのQ&A more