ENG JPN

FACETASMが、somewhere magazineにてFW2021コレクションを公開

デザイナー落合宏理のコメントも発表

 

 

FACETASMがFW2021コレクションを、写真、ファッション、映画、旅行、デザインに焦点を当てたロンドンを拠点とするオンライン・ライフスタイルマガジンの「somewhere magazine」にて公開。また、デザイナーの落合宏理もコメントを発表している。

 

 

今回、僕らはパリメンズファッションウィークでの発表を取りやめ

somewhere magazine でのコレクション発表という選択をしました。

 

1月7日、僕らが毎日生活を営み、

活動の拠点としている東京に緊急事態宣言が発令されました。

パリでの発表へ向け数日後に撮影を控えていましたが、

その緊急事態宣言によってロケ地が閉鎖されてしまうかもしれないといった

物理的にも先が見えない状況となりました。

また、このコロナ禍で日々多くの患者が出ていること、

医療機関が逼迫しているということを思うと

スタッフやまたその家族、自分たち自身をも危険にさらし、

スケジュールに固執し強行することに疑問を感じました。

 

なぜ、僕らが服を造り続け、それを発信し続けたいのか。

いま一度振り返り、考える機会となりました。

決して誰かを悲しませたいわけじゃない。誰かを苦しめたいわけではない。

願うのは、誰かのほんの一瞬の喜びに触れ、誰かの明日へ共に寄り添うということ。

 

ゆっくりと流れる時計で考える時間が必要だった僕らには

1月19日18時に予定していたパリでの発表までの時間は少なすぎました。

パリファッションウィークでの発表を中止するという決断は非常に難しいものでしたが、

新しい挑戦として発表の場を模索していたところに、

僕らが日頃から刺激をもらい心揺り動かされるプラットフォームである

somewhere magazine からの快諾があり、

2月8日 日本時間20:00

僕らはコレクションを発表させていただきます。

 

このような状況の中、必死に仕上げてくださった縫製工場の皆さまをはじめ、

御協力いただいた関係者の皆さま、撮影チーム、出演者の皆さま、

スタッフ、家族、友人たち

そして、発表の場を提供してくださった somewhere magazine に

心より感謝申し上げます。

 

– 落合宏理

 

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE