ENG JPN

Y2Kとハイパーポップ|Rakky Ripperが新曲「Whatever」をMVと共にリリース

新作EP『Xtra Cost』から

 

 

Rakky Ripperは、スペインのグラナダ出身のアーティスト。デビュー当初はラテンのエッセンスを入れたトラップの楽曲を発表していたが、2019年のシングル「Glossy Club」からハイパーポップをベースにした楽曲にシフト、同じくスペイン拠点のアーティストでMood KillerやDorian Electraとコラボ曲を発表するPUTOCHINOMARICÓNと共振し、その存在は国外にも広く知られている。

 

そんなRakky Ripperが新曲「Whatever」をMVと共にリリース。今後リリース予定の新作EP『Xtra Cost』からの先行シングルとなる今作は、引き続きハイパーポップをベースにしながらも、ブリトニー、スパイスガールズ、イン・シンクなどの00年代前後のサウンドとスタイルを反映させて、2021年仕様にアップデートしたサウンドであるとのこと。

 

 

 

Rakky Ripper – Whatever

Release date : 27 January 2021

Stream : https://rakkyripper.ffm.to/whatever

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/02/24

Yung Kiss interview

『Z-POP』 – 生活のリアリティと音楽 – more

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more