ENG JPN

Bandcampがチケット制のライブストリーミングサービスを開始

2021年3月31日までは手数料免除

 

 

Bandcampが、アーティスト向けのチケット制ライブストリーミングサービスを開始することを発表した。

 

アーティストファーストで構築されている「Bandcamp Live」は、Bandcampアカウントとウェブカメラとマイクさえあれば、簡単に始められるようだ。配信を発表するとフォローしているファンには通知が届くようになっており、上記の画像のように配信中はマーチテーブルが表示され、視聴者は配信を中断することなく、音源やアイテムを購入することができる。チャット機能も用意され、チケット価格も自由に設定可能。Bandcamp側の手数料はチケット売上の10%だが、世界的なパンデミックでアーティストの収入が減少していることを考慮し、2021年3月31日までは手数料を全額免除すると発表している。つまり、チケット売上の100%がアーティストに還元される。

 

詳細:https://bandcamp.com/live

 

 

Bandcampは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により世界中でツアーやショーが中止/延期になり、収入源に大きなダメージを受けているアーティストをサポートする動きをいち早く始めた企業の一つ。今年3月からスタートした「Bandcamp Fridays」では、これまで8日間のキャンペーンで3500万ドル(約36億円)がアーティストに還元され、さらにパンデミックが始まって以来、ユーザーがBandcampを通してアーティストに支払った金額は1億2600万ドル(約131億円)に達しているとのこと。

 

今回の「Bandcamp Live」について、”ストリーミングはライブパフォーマンスの体験に取って代わるものではないが、この異常な時代にコミュニティの為の次なるステップである”とBandcampは語っている。

category:NEWS

tags:

RELATED

FEATURE

2021/02/24

Yung Kiss interview

『Z-POP』 – 生活のリアリティと音楽 – more

2021/01/04

SPEED, be pure ambitious!

シークレット野外レイヴ『PURE2000 by SPEED』レポート more

2020/12/22

「AVYSS ENCOUNTERS 2020」vol.3

2020年印象に残った5作品
 more